ブランディングとは?意味や実施するメリットをわかりやすく解説
#活用する
2024.06.24

ブランディングとは?意味や実施するメリットをわかりやすく解説

ブランディングは企業や商品、サービスの認知度アップのために行う事業戦略の一つです。ブランディングに関心はあるものの、具体的な意味や、どのように役立つのかについては知らない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ブランディングの意味や実施するメリットについて詳しく解説します。ブランディングについて理解し、自社商品・サービスの訴求に役立てたいと考える方は、ぜひ参考にしてください。

芸能人や有名人を起用するのもブランディングに効果的です。芸能人の起用には多額の費用がかかりますが、タレントサブスクを利用すればコストを抑えられます。

タレントサブスクとは、毎月定額を支払うことでタレントの写真素材がプロモーションに活用できるサービスです。

有名タレントの宣材素材提供サービスSkettt(スケット)は、月20万円からタレントの素材を利用可能です。タレントの選定からクリエイティブ制作、効果検証まで一気通貫で対応できるので、ぜひご相談ください。

Sketttのサービス詳細はこちら

INDEX
  1. ブランディングとは?意味を簡単に解説
  2. ブランディングとマーケティング・プロモーションの違い
  3. ブランディングの4つの種類
  4. ブランディングを行う5つのメリット
  5. ブランディングの実施方法
  6. ブランディング手法の一つにタレント起用もある
  7. ブランディングで自社商品・サービスを認知してもらおう

ブランディングとは?意味を簡単に解説

ブランディングとは、ブランドならではの価値を顧客に認知してもらうことで、共感と信頼を得る活動のことです。ブランディングについて、以下の2つのポイントを解説します。

  • ブランディングはブランドの価値を高める活動
  • ブランドを形成する要素が大切

ブランディングはブランドの価値を高める活動

ブランディングとは、ターゲットにブランド独自の価値やイメージを認知させ、他社との差別化を図る活動と定義されています。

日本語で「ブランド化」を意味する言葉であり、語源は焼印だといわれています。他の家畜と区別し、自身が所有しているものであると証明、管理するために、家畜に焼印をつけるということが行われていました。

所有者を証明していた焼印は徐々に家畜の品質を保証する印として捉えられるようになり、競合と差別化する役目も担っていたとされています。

一般社団法人ブランド・マネージャー認定協会によると、ブランドは以下のように定義されています。

”ある特定の商品やサービスが、消費者・顧客によって「識別されている」とき、その商品やサービスを「ブランド」と呼ぶ”
(引用:一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会「ブランド用語集」)

ブランドは競合他社と差別化するためのものです。自社が伝えたいブランドの価値と消費者が抱くイメージを一致させ、商品やサービス、企業価値などを高める手法がブランディングと考えられます。

ブランドを形成する要素が大切

ブランドを形成する要素には、さまざまなものがあります。他社の商品と区別し、消費者に認知させるために大切です。

ブランドを形成する要素として代表的なものは、以下のとおりです。

  • 商品名
  • ブランドロゴ
  • ブランドカラー
  • ミッション
  • キャッチフレーズ

たとえば、黄色いMの看板を見るとマクドナルド(マクドナルド株式会社)だと判断できる人は多いのではないでしょうか。同様に、「カラダにピース。」と聞けばカルピス(カルピス株式会社)が思い浮かぶでしょう。

商品名やブランドロゴは、視覚的要素として消費者の記憶に残ります。また、キャッチコピーは商品・サービスなどの世界観を端的に伝えてくれる要素です。これらの要素を組み合わせることで、ブランドを形作ります。

ブランディングとマーケティング・プロモーションの違い

混同しやすいブランディングとマーケティング・プロモーションの違いについて、それぞれ解説します。

  • マーケティングは販売する仕組みを作る活動
  • プロモーションは販売促進の手段

マーケティングは販売する仕組みを作る活動

ブランディングが消費者に企業の価値・イメージをもってもらう活動であるのに対し、マーケティングは商品を効果的に販売するために行う活動を指します。

2つの違いは、以下のとおりです。

ブランディング

なんらかの方法で消費者に企業の価値・イメージをもってもらう(消費者主体)

マーケティング

企業が自ら発信して価値・イメージを伝える(企業主体)

たとえば消費者が「ハンバーガーはマクドナルド」「スマートフォンといえばiPhone」などのイメージをもっていることは、ブランディングの成功例といえます。

ブランディングで顧客に自社や商品、サービスのイメージを想起させ、選んでもらいます。それをもとに、ブランディング目的で発信したメッセージが実際にどれだけユーザーに届いているか調査し、施策を打ち出すのがマーケティングです。

両者は目的や役割に違いがありますが、密接な関係性にあります。ブランド力が向上すると、マーケティングのスピードアップにつながり、費用対効果も高まるでしょう。

プロモーションは販売促進の手段

プロモーションとは新規顧客の獲得や、販売促進を目指す手段のことです。ブランディングが企業のイメージアップやブランド力の向上を重視するのに対し、プロモーションは売上の促進が目的です。

製品、サービスの売上アップを目指し、消費者に対してアプローチするために行う宣伝や広告などの戦略を指します。

ブランディングによって自社商品のよいイメージを認知させ他社との差別化を図り、そのうえで商品購入へつなげるプロモーションを行います。

ブランディングの4つの種類

ブランディングの種類は、以下の4種類に分けられます。

  • アウターブランディング
  • インナーブランディング
  • 企業ブランディング
  • 商品ブランディング

4つのブランディングについて、それぞれ解説します。

アウターブランディング

アウターブランディングとは、顧客や取引先など自社の外側を対象としたブランディングを指します。商品やサービスの知名度をアップし、新規顧客の獲得やファン化を目指すための活動です。

アウターブランディングに取り組むことで、対外的に企業やブランド、商品、サービスの価値を広く認知してもらうことにつながります。また、消費者によいイメージをもってもらえれば競合と差別化できるため、価格競争を避けられることが見込めます。

インナーブランディング

インナーブランディングとは、自社の従業員に認知してもらうための活動のことです。

商品・サービスそのものではなく、自社ブランドの使命やビジョン、バリューを社内に普及させる役割があります。施策例として、社内アンケートの実施や従業員向けのSNS、社内イベントなどに取り組むのが一般的です。

社内で統一した認識をもつことで、従業員のエンゲージメントを高めながら、安定した企業活動が期待できます。

企業ブランディング

企業ブランディングとは、企業のブランド価値を向上させるために行われるブランディングのことです。

企業の現状を分析し、その企業ならではの価値を発信して他社と差別化することでファンをつくり、ブランド価値を高めていきます。

施策として、CSR活動(環境保護・社会貢献への取り組みなど)や企業CMなどが挙げられます。近年SDGsへの意識が社会的に高まりつつあるため、CSR活動は企業ブランディングにも不可欠といえるでしょう。

商品・サービスブランディング

商品・サービスブランディングは、自社商品やサービス独自の魅力、価値をアピールし、消費者に選ばれ続けるために行うブランディングを指します。

商品・サービスのファンを増やし、売上アップにつなげることが目的です。たとえば、WebサイトやSNS運用、販促イベントなどの取り組みが行われます。

長期的に愛用される商品ブランドとなれば、企業経営の安定化が見込めるでしょう。

ブランディングを行う5つのメリット

ブランディングを行うメリットとして、以下の5つが挙げられます。

  • 価格競争を避けられる
  • 顧客ロイヤリティが高くなる
  • 利益率が向上する
  • 人材確保しやすくなる
  • 新規市場を開拓しやすい

5つのメリットについて、詳しく解説します。

価格競争を避けられる

ブランディングにより、社会的価値が向上し差別化できていると、価格競争を避けられます

機能面を充実させた商品の価値は、一時的には他社商品との差別化を図れるでしょう。しかし長期的に見ると、他社が参入し類似商品が登場すれば、顧客にとって機能面に差が無い商品となる可能性が高いです。

このような商品は他との区別がつきにくくコモディティ化し、価格による競争でしか他社との違いを示せなくなるため、企業が疲弊してしまいます。

商品やサービスにブランド力があれば、低価格競争に参戦しなくても消費者に求められます。ブランド力のような付加価値がつくことで消費者からの信頼を得られれば、価格にかかわらず購買意欲につなげられるでしょう。

顧客ロイヤリティが高くなる

ブランディングに成功すると、顧客ロイヤリティが向上するのもメリットの一つです。

顧客ロイヤリティとは、特定の企業・ブランドに信頼や親しみを感じることを指します。ブランディングによって、顧客が商品やサービスに愛着を感じるようになれば、リピート購入や口コミで拡散するなどの行動も期待できるでしょう。

また、顧客ロイヤリティが高まることで、購入した商品やサービスだけではなく、その関連商品についても信頼できる同じブランドでそろえたいとの意識が強まります。リピート購入する顧客が増えると、長期的な売上獲得につながるでしょう。

利益率が向上する

ブランディングにより、顧客にブランドのよいイメージを周知できることで、利益率が向上するのもメリットです。

自社ブランドにファンがつけば、他社と価格面での競争を行う必要があまりなくなり、無理に価格を安く設定しなくても顧客に選んでもらえると予想できます。確実に利益を得られる適正な価格を設定できるため、利益率が上昇しやすいといえます。

また、ブランディングによってリピート率がアップすれば、無駄な営業コストや広告費なども削減できるでしょう。

人材確保しやすくなる

ブランディングで企業の認知度が高まると、人材を確保しやすくなることもブランディングを行うメリットです。

その企業ならではの魅力や価値観を適切にアピールできていれば、自社の価値観にマッチした人材が集まりやすくなるからです。自社の基準に合う人からの応募が増えれば、結果として採用工数・コストが抑えられます。

また、ブランディングによって企業理念や価値観が浸透すると、従業員のモチベーションアップや離職率の低下も期待できます。

新規市場を開拓しやすい

企業の社会的価値が向上すると、新規参入でビジネスが成功する可能性も高まります

新規参入には多大なコストやリスクが伴うのが一般的です。しかし、すでに消費者に認知されていれば、認知獲得に向けたコストを削減でき、短期間で一定の売り上げを期待できるでしょう。

企業イメージが良好で顧客からの信頼度が高い会社の場合、これまでに培ってきたブランド力を活かして新規市場へ参入しやすくなります。ブランド力のない企業と比べると、新規参入において、ビジネスで成功する確率は高くなるといえるでしょう。

また、ブランディングにより知名度がアップし信頼を得ていれば、新規事業を展開するための資金調達がしやすくなると期待できます。

ブランディングの実施方法

ブランディングの実施方法は以下のとおりです。

  1. フレームワークなどを活用し現状分析を行う
  2. ブランドアイデンティティを明確にする
  3. ブランドアイデンティティを発信する
  4. 定期的にブランディング効果を検証する

まずは自社の現状を分析します。3C分析やPEST分析などのフレームワークを活用し、客観的に把握することが必要です。

次に顧客に伝えたいブランドイメージを明確にし、ブランドアイデンティティを発信します。たとえば、メディア広告やSNSなど、自社のターゲットが利用する媒体を想定して検討します。

ブランディングがどれくらい認知されているか、定期的に検証を行うことも不可欠です。時代のニーズに合わせて、問題点があれば改善していきます。

なお、ブランディングを実施する方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ブランディング手法の一つにタレント起用もある

ブランディング手法として、タレントを起用するのも効果的です。

タレントを活用することで、企業としての信用・信頼の獲得が期待できます。ブランドイメージにマッチするタレントの起用によって、企業や商品・サービスの認知度や、イメージの向上につながるのもメリットです。

たとえば、ミキプルーンといえば中井貴一さん、auといえば松田翔太さん、桐谷健太さん、濱田岳さん扮する「三太郎」などが思い浮かぶでしょう。

通常ならタレントのキャスティングには多大な契約料が発生しますが、タレントサブスクを利用することでコストを抑えられます。タレントサブスクとは、毎月定額料金を支払うことで、タレントの宣材写真の利用が可能なサービスです。

有名タレントの宣材素材提供サービスSketttなら、月20万円からタレントの素材を利用できます。素材選定からクリエイティブ制作、効果検証まで一気通貫で対応しているので、効果的なブランディングを行いたい方はぜひご検討ください。

Sketttのサービス詳細はこちら

なお、タレントサブスクや芸能人起用によるブランディングについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ブランディングで自社商品・サービスを認知してもらおう

ブランディングは、企業や商品のブランド価値を高め、広く認知されるために行うマーケティング戦略の一つです。ブランディングに成功すれば、顧客に求められる企業となり、ビジネスを有利に進められます。

効果的なブランディング戦略を立てたいなら、タレントを起用するのも一つの方法です。タレントサブスクのSketttなら、月20万円からタレントを起用可能です。最短1ヶ月から全国的に認知されているタレントが活用でき、導入ハードルが低いので、ぜひご検討ください。

Sketttのサービス詳細はこちら

IP業界のトレンド、
追えていますか?
メルマガ会員様に、
最新情報を定期配信 !
今すぐ
登録

プライバシーポリシーに同意された⽅は「メル
マガに登録」ボタンをクリックしてください。

X(旧Twitter)をフォローして
最新情報を受け取ろう

この記事をシェアする

サービス資料 ダウンロード

skettt talents無料

事務所提携数80以上、

交渉タレント数1,000名以上

必須
必須
必須
必須
必須

プライバシーポリシーに同意された方はダウンロードボタンを押してください。
上記で記入いただいたメールアドレスにダウンロード用URLが届きます。

無料