ブランディング方法の4ステップは?戦略や目的、成功事例も解説
#活用する
2024.04.10

ブランディング方法の4ステップは?戦略や目的、成功事例も解説

「自社でもブランディングをしたいが方法がわからない」「ブランディング戦略をどのように立てればよいかわからない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ブランディングの概要や具体的な方法、メリットなどについて解説します自社のブランディングで成功するための具体的な手法や戦略がわかりますので、ぜひ最後までご覧ください。

ブランディングを進める際には、タレントや芸能人の起用も有効です。とはいえタレントの起用はコストが高く、なかなか手を出しづらいものです。

コストを抑えてブランディングにタレントを活用したいなら、定額料金でタレントの写真素材を活用できるタレントサブスクをご検討ください。

タレントサブスクのSketttなら月20万円から、200名以上の提携タレントから写真素材をご利用いただけます

コストを抑えて芸能人のキャスティングを実施したい方はぜひSketttを一度チェックしてください。

Sketttのサービス詳細はこちら

タレントサブスクについては、こちらのページで解説しています。

【2024年3月更新】タレントサブスクおすすめ10選!メリット・デメリットや料金、選び方を解説

INDEX
  1. ブランディングとは?わかりやすく意味を解説
  2. ブランディングをおこなう目的・メリット5選
  3. ブランディングの方法を4ステップで解説!戦略的な進め方を紹介
  4. ブランディングの成功事例2選
  5. ブランディング方法のまとめ

ブランディングとは?わかりやすく意味を解説

ブランディングとは、その企業や商品ならではの価値を高めていくことで、顧客のロイヤリティを高めていく戦略を指します。

商品やサービスが飽和している現代において、機能面だけで差別化をすることは容易ではありません。そのため、競争の激しい市場では価格競争に陥りがちで、各企業は厳しい競争を強いられることになります。

このような状況において、商品を差別化し顧客に継続的に利用してもらうためは、ブランディングは不可欠な戦略です。

ブランディングには、インナーブランディングとアウターブランディングの2種類があります。

アウターブランディングは、株主や顧客など外部に対して実施するブランディングです。実施により、他社との差別化や顧客ロイヤリティの向上などの効果が得られます。

一方、インナーブランディングは、経営層や社員などに対するブランディングです。社内に対しブランド価値を共有することで、円滑なチームビルディングやモチベーションの向上などの効果が得られます。

ブランディングをおこなう目的・メリット5選

ブランディングをおこなう目的やメリットには次の5つがあります。

  1. 競合他社と商品やサービスを差別化できる
  2. 価格競争を回避できる
  3. 顧客ロイヤリティの向上が期待できる
  4. 優秀な人材確保につながる
  5. 新規の市場開拓で成功しやすい

目的やメリットを具体的に把握することで、より効果的なブランディングが実施できるので、ぜひ参考にしてください。

1.競合他社と商品やサービスを差別化できる

ブランディングの実施により、競合他社の商品やサービスと差別化を図れます

たとえば、ある消費者がコンビニでお茶を購入する際に「よく知っている商品」と「初めて見る商品」が並んでいたとします。その商品の味や値段に大きな違いがない場合、多くの方が「よく知っている商品」を選ぶのではないでしょうか。

あるいは、多少値段が高くともブランドイメージがしっかりした商品を選ぶ人も多いでしょう。

このように、ブランディングの成功によって顧客からの信頼を得ている商品は、たとえ内容が同じであっても顧客から選ばれやすくなります。

また、ブランディングによって顧客からの高い信頼を得ている場合、新規参入しようとする新しい企業の動きを抑制できる効果もあります。

2.価格競争を回避できる

ブランディングの成功によって、商品やサービスに対し顧客からの信頼を得られていれば、価格競争を回避しやすくなります。

市場が成熟してくると、商品の機能面だけでは優位性の確保が難しくなり、価格競争のフェーズに入ってきます。

顧客の値段に対する意識は非常にシビアです。商材によっては10円単位の差額でリピーターが他社商品に流れることも珍しくありません。そのため、企業側としても価格を下げざるを得ず、企業や従業員が疲弊する原因になってしまいます。

しかし、ブランディングによるイメージ向上ができていれば、顧客にとって自社商品は「替えのきかない商品」になります。結果、他社より多少高い値段であっても購入してくれます。状況によっては「値段の高さ」が「プレミア感」となり、かえって好意的に受け止められるケースもあるでしょう。

ブランディングの実施によって価格競争を回避できれば、低価格化による企業や従業員の疲弊を防げます。結果として、企業の健全かつ持続的な経営が実現しやすくなるでしょう。

3.顧客ロイヤリティの向上が期待できる

ブランディングによって顧客ロイヤリティの向上も期待できます

顧客ロイヤリティとは、特定の企業や商品やサービスに顧客が愛着や信頼を感じることを指します。ブランディングが成功すれば、自社の商品やサービスに愛着や価値を感じてくれる顧客を増やすことが可能です。

さらに、継続的に顧客ロイヤリティを向上させることで、長期的に商品を利用してくれるファンの獲得・育成が実現できます。結果、商品やサービスのリピート率向上につながり、長期的な売上獲得が実現できるでしょう。

4.優秀な人材確保につながる

ブランディングの実施は、優秀な人材確保にもつながります。

ブランディングに成功している企業は、企業の魅力や価値観が多くの人に認知されている状態です。そのため、これから就職活動をする人にとっても、魅力的な就職先として認識される可能性が高くなります

結果、応募者の増加につながり、企業側は多くの応募者の中からより優秀な人材を確保できるでしょう。

他にも、周囲からの高評価による従業員のモチベーション向上や離職率の低下など、ブランディングは社内によい影響を与えます。

5.新規の市場開拓で成功しやすい

ブランディングの成功により、ブランドイメージを構築できていれば、新しい市場の開拓もしやすくなります

たとえ別の市場でのイメージであっても、ブランドイメージは大きな力となります。そのため、他市場で築いたブランド力をうまく活用すれば、成功確率が大きく上がります。

本来であれば新規の市場開拓には低くないコストが発生します。しかし、ブランドイメージを利用して商品やサービスを展開できればPRにかかるコストを抑えることも可能です。

また、AppleにおけるiMacやiPhoneのように、関連性のある市場であれば、自社商品とのコラボレーションも可能です。コラボレーションの結果によっては、新規市場はもちろん既存市場にもよい影響を与えるでしょう。

ブランディングの方法を4ステップで解説!戦略的な進め方を紹介

ここでは、ブランディングの基本的な進め方を次の4ステップで解説します。

  1. フレームワークなどを活用して現状分析を行う
  2. ブランドアイデンティティを明確にする
  3. ブランドアイデンティティを発信していく
  4. 定期的にブランディング効果を検証する

上記の手順でブランディングを進めることで、戦略的にブランディングを進められるので、ぜひ参考にしてください。

1.フレームワークなどを活用して現状分析を行う

ブランディングをおこなうにあたり、まず実施するのは現状分析です。

適切なブランディングを実施するために必要な分析対象は複数あり、一般的には次の内容および順序で分析をおこないます。

  1. 外部環境分析
  2. 業界分析
  3. 市場分析

基本的な順序は上記のとおりですが、必要に応じて前段階に戻り分析を繰り返すことで、より精度の高い分析になります。

各分析を実施するにあたって、使用するのがフレームワークです。ブランディングにおいては、主に次に挙げるフレームワークを使用します。

分析対象

フレームワーク

内容

外部環境

PEST分析

外部環境を4つの要因に分類し、自社に与える影響を把握・予測する方法

業界

ファイブフォース分析

脅威となる5要素を分析し、自社の競争優位性を探る方法

市場

3C分析

市場(顧客)・競合・自社を分析し、自社の強みや成功要因を導き出す方法

インタビューやアンケートなどで顧客のリアルな意見を取り入れながら、各フレームワークに沿って分析を進めていきましょう。

ここからは、上記3つのフレームワークについて具体的に解説します。

外部環境の分析のためのPEST分析

PEST分析とは、外部環境を政治・経済・社会・技術の4つの要因に分類し、自社に与える影響を把握・予測するためのフレームワークです。

以下の4つの頭文字を取ってPESTと呼ばれています。

  • Politics(政治)
  •  Economy(経済)
  • Society(社会)
  • Technology(技術)

PEST分析をすることで、法改正や技術発展などの自社を取り巻く環境を把握し、市場全体の将来性や変化を予測できるようになります。

分析によって得た情報を活用し、より現実に則したブランディング戦略や取り組みを打ち出すことがPEST分析の目的です。

業界構造を把握するためのファイブフォース分析

ファイブフォース分析は、業界において脅威となる5要素を分析し、自社の収益向上に必要な要素を探ることが目的のフレームワークです。

ファイブフォース分析の対象となる脅威は次の5つです。

  • 業界内の競合の脅威
  • 新規参入の脅威
  • 代替品の脅威
  • 買い手の交渉力
  • 売り手の交渉力

上記の分析により、競合他社や業界の状況および収益構造の把握、自社の収益性向上に必要な要素を見つけられるようになります。

ファイブフォース分析で得た情報をうまく活用すれば、効果的なブランディングが実践できるようになるでしょう。

市場環境を分析する3C分析

3C分析とは以下を分析して、自社の強みや成功要因を導き出すフレームワークです。

  • Customer(市場・顧客)
  • Competitor(競合)
  • Company(自社)

3C分析においては、はじめに市場や顧客を分析し「顧客が求めているもの」を明確にします。次に競合を分析し「競合が顧客に提供しているもの」を把握します。

上記で得た分析結果を基に、自社を客観的に分析することで「自社の強み」を知ることが可能です。

このように、市場や競合に対する自社の強みを明確にすることで、より効果的なブランディング戦略の方向性を導き出せます。

2.ブランドアイデンティティを明確にする

ブランドアイデンティティとは、自社のブランドが顧客から「どのように見られたいのか」を明確にしたものです。

ブランドアイデンティティは主に、以下の要素で構成されています。

構成要素

内容

フィロソフィー

・ブランドアイデンティティの根幹となる部分
・ミッション・ビジョン・価値観など

ベネフィット

商品やサービスによって顧客が得られる効果

属性

ブランドアイデンティティの妥当性を示す根拠や証拠

パーソナリティ

ブランドがもつ個性を人間の人格に例えて表現・形容したもの

ブランドアイデンティティの明確化により、ブランディングを進める際の判断基準ができ、一貫性を持ったブランディングが可能になります。

結果、ブランドがもつ特徴が周囲に伝わりやすくなるため、顧客にブランドイメージが浸透しやすくなるでしょう。また、競合他社との差別化をより顕著にできる効果もあります。

ブランドアイデンティティの明確化は、今後の戦略を決定づける非常に大きな要素です。そのため、決定に際しては自社の強みだけではなく、現状分析で得た情報を踏まえて慎重に策定するようにしましょう。

3.ブランドアイデンティティを発信していく

ブランドアイデンティティを発信をするためには「具体化」と「発信チャネルの選定」を実施する必要があります。

ブランドアイデンティティの具体化とは、メッセージやデザインの策定を指します。とくにデザインはブランドイメージに大きく影響するため、一貫性を持った策定が重要です。たとえば、Apple製品は一貫してスタイリッシュなデザインであり、Appleがもつブランドイメージの構築に寄与しています。

発信チャネルを選定する際は、想定顧客がよく利用する媒体を検討することが重要です。雑誌やWeb、テレビCMなど数ある媒体から、自社の顧客属性にあったチャネルを選定して発信していきましょう。

ブランドアイデンティティを具体化する際には、ブランドイメージと合致するタレントを起用するのも1つの方法です。

タレントの起用がコスト的に難しければ「タレントサブスク」を利用する方法を検討してみてください。タレントサブスクでは、サービスによっては月10万円程度からタレントの画像を広告クリエイティブなどに使用可能です。

タレントサブスクとは何かやおすすめのタレントサブスクは、こちらの記事で紹介しています。

4.定期的にブランディング効果を検証する

ブランディングは1度実行すれば終わりでなく、継続的におこなっていくことで効果を発揮します。

そのため、ブランディングの実行後は、方向性が合っているか定期的に確認する作業が重要です。検証方法には、アンケート調査やSNSのチェック、Webでの検索数の測定、などがあります。

「認知度が低い」「想定とは異なるイメージを持たれている」などの課題が見つかった場合は必要に応じて改善を実施しましょう。

ブランディングの成功事例2選

ここでは、次に挙げる2つの企業を取り上げ、ブランディングの成功事例について解説します。

  • 星野リゾート
  • ニベア

詳しく見ていきましょう。

1.星野リゾート

星野リゾートは「星のや」や「界」などを運営する綜合リゾート運営会社です。

星野リゾートは、「自分のこだわりをサービスにしていく」という考えのもと、他社と差別化を図ることでブランディングに成功しています。

たとえば、星野リゾートが運営する「青森屋」では次のようなサービスが体験可能です。

  • メイン料理が青森の郷土料理
  • 本物のねぶたがある
  • 青森の名産であるポニーがお出迎えしてくれる

このように、星野リゾートではその土地ならではの「こだわり」をサービスとして提供しています。その結果「非日常が味わえる場所」として星野リゾートは顧客に認知されるようになりました。

2.ニベア

ニベアは、ニベア花王が提供するスキンケアクリームです。

ニベアのブランディングが成功した要因は「強いブランドアイデンティティ」を持ち、それを長年に渡り一貫し続けたことによるものです。

ニベア花王は、ニベアのブランドアイデンティティを以下のように定め、変えることなくブランディングを進めました。

「肌がふれあう。ただそれだけで、人は人をあたためることができる。まもることができる。一生の素肌に。あなたに。」

その結果、ニベアは子どもの頃に母親に使ってもらった商品としてイメージされるようになり、現在の地位獲得に成功しました。

またビジュアル面においても、シンボルカラーを「青」で統一したことで「青いスキンケアといえばニベア」というイメージの確立にも成功しています。

長年の一貫したブランディングにより、ニベアは時代を超えたブランド価値を築き、現在も多くの顧客に利用され続けています。

ブランディング方法のまとめ

ブランディングとは、企業や商品ならではの価値を高めていくことで、顧客のロイヤリティを高めていく戦略のことです。

ブランディングを成功させるためには、ブランドアイデンティティを明確にし、想定顧客に適したチャネルで発信することが重要です。

ブランドアイデンティティを発信する方法の1つに、タレントの活用が挙げられます。タレント自身が持つイメージによって、効果的にブランドイメージを伝えられるのでおすすめです。

芸能人やタレントのブランディング効果は、こちらの記事でご紹介しています。

▼関連記事
芸能人起用でブランディングできる?事例と費用対効果の高い活用法を紹介

もし、タレントの起用がコスト的に難しければ「タレントサブスク」を利用する方法を検討してみてください。サービスにもよりますが、月20万円からタレントの画像を広告クリエイティブなどに使用可能です。

X(旧Twitter)をフォローして
最新情報を受け取ろう

この記事をシェアする

サービス資料 ダウンロード

skettt talents無料

事務所提携数60以上、

交渉タレント数800名以上

必須
必須
必須
必須
必須

プライバシーポリシーに同意された方はダウンロードボタンを押してください。
上記で記入いただいたメールアドレスにダウンロード用URLが届きます。

無料