認知度を向上させる方法は?施策や方法・成功例を解説
#活用する
2024.04.10

認知度を向上させる方法は?施策や方法・成功例を解説

「企業の認知度を向上させる方法はある?」「認知度を上げるとどのような効果があるの?」「認知度を上げた企業の戦略や成功例が知りたい」
マーケティングやブランディングを担当している方は、こういった疑問や悩みを抱えていないでしょうか。

企業を深く知ってもらい、認知度が上がることでもたらされるメリットは多岐にわたります。売上やイメージアップにもつながるため、認知度向上のための施策は軽視できません。

本記事では、企業の認知度を向上させる方法や施策について解説します。認知度向上の成功例も紹介するので、ブランディングを担当している方はぜひご覧ください。

認知度を向上させたい場合、タレントの起用も一つの手段です。コストを抑えてタレント起用による認知度向上を目指したいなら、タレントサブスクを活用してみましょう。

タレントサブスクのSkettt(スケット)を利用すれば、200名以上のタレントから自社のイメージに合ったタレントを起用できます。

月20万円から利用でき、お試しのハードルも低いのでぜひご検討ください。

Sketttのサービス詳細はこちら

INDEX
  1. 企業が認知度を向上させる重要性
  2. 認知度を向上させるための戦略
  3. 認知度を向上させるための施策・方法
  4. 認知度向上の施策における注意点
  5. 認知度向上の成功事例
  6. 【まとめ】戦略を検討し認知度を向上させよう

なお、タレントサブスクについては、下記の記事で詳細に紹介しています。

企業が認知度を向上させる重要性

企業が認知度を向上させる重要性は、以下の2つの観点から語ることができます。

  • 商品やサービスの売上につながる
  • ブランディング効果が期待できる

認知度向上によってどのような効果やメリットがあるのかを、それぞれの観点で解説します。

商品やサービスの売上につながる

認知度が向上すると、商品やサービスの売上につながります。

そもそも、商品やサービスを知らなければ選択肢にすら上がらないため購入につながりません。

消費者の購買プロセスを説明するモデルの一つとして「AIDMA」が挙げられます。AIDMAとは、以下の単語の頭文字を取り、購買プロセスを細分化したものです。

  • Attenntion(認知)
  • Interest(興味・関心)
  • Desire(欲求)
  • Memory(記憶)
  • Action(行動)

このように購買プロセスはまず「認知」から始まるため、認知度の向上は売上に影響するといえるでしょう。

実際、BtoB領域において、はじめに思い浮かんだ商品が55%の確率で導入されていることがマーケティング会社のリサーチ結果で明らかになりました。また、もともと知っていた商品に問い合わせる確率は48%です。

参照:55%が第一想起した商品を購入。BtoBにおける純粋想起の実態調査|WACUL

しかし、施策を練っても認知度はすぐに向上するものではありません。時間をかけて得られるものなので、継続して努力することが大切です。

ブランディング効果が期待できる

認知度が向上することで、ブランディング効果を得られます。消費者に「この商品といえばあのブランド」と、ブランドイメージを与えることもブランディング効果の一つです。

ブランドイメージが確立することで、具体的には以下のようなメリットが期待できます。

  • 売上の向上
  • 価格競争からの脱却
  • リピーターの増加
  • 優秀な人材の確保
  • 社員のモチベーションの向上

顧客が商品やサービスを気に入りファンになると、ブランドに愛着を持ってくれます。ファンが増えると商品やサービスを周囲に広めてくれる可能性があります。

新規顧客の獲得にもつながり、長期的な売上が見込めるため競合との価格競争からも脱却できるでしょう。

認知度の向上によってブランディングが進み、さらに認知度が上がっていきます。この好循環を迎えるためにも、認知度向上は企業にとって重要な取り組みです。

認知度を向上させるための戦略

企業の認知度を向上させる戦略の立て方は、以下の3ステップです。

  1. ターゲットを明確に設定する
  2. 競合他社や市場の調査をする
  3. ターゲットに合った施策を講じる

それぞれのステップごとに実施する内容を解説していきます。

1.ターゲットを明確に設定する

認知度向上の戦略を立てるために最初に行うべきなのは、誰にどのようなアプローチをするのか、ターゲットの明確な設定です。

自社の商品やサービスを、全員に知ってもらう必要はありません。予算内で、最大の成果を出すことが重要です。

たとえば、車の運転免許を持っていない人や興味の無い人、18歳未満の人に自社がPRしたい車のスペックや魅力を紹介しても意味がありません。

この場合のターゲットは、「満18歳以上で車の運転免許を所持している人」もしくは「車に興味を持っている人」です。

ここからさらにターゲットを絞ります。たとえば、SUVやミニバンを売りたいのであれば

「キャンプやウィンタースポーツをする人」、軽自動車を売りたいのであれば「ファミリー層」などをターゲットに設定するとよいでしょう。

最初の段階でターゲットを明確にし、土台を固めます。

2.競合他社や市場の調査をする

競合他社や市場の調査をおこなうことも、自社の認知度を向上させるうえで重要な戦略です。自社の強みを自覚し、同時に他社の強みもリサーチします。

競合との違いを明確にすることで、消費者の興味や関心を惹きやすくします。競合と差別化できるポイントを洗い出し、情報を整理しましょう。競合他社の商品はどこが優れていて、売れているのか、それに対して自社の技術やサービス力などで何が提供できるのかといった情報です。

自社の特色や強みなど、多方面から客観視し、独自性を打ち出すことが重要です。

3.ターゲットに合った施策を講じる

競合調査や市場調査の結果を踏まえ、ターゲットに合った施策を講じましょう。設定したターゲットにどのようにアプローチするのか、ターゲットとのコミュニケーションにどのチャネル・ツールを使うのかを検討します。

ターゲットの属性によってアプローチ方法は変わります。たとえば、若年層に発信するならWeb広告やSNS広告、年配層であればマスメディア広告が適しているでしょう。

アプローチ方法の候補をいくつか挙げ、後から絞っていく方法がおすすめです。設定したターゲットから唯一無二の存在として認識されるよう意識してみてください。

準備が整ったら、ターゲットに合った施策を講じます。ターゲットに「どのような価値を提供するのか」を明確に決定しましょう。

認知度を向上させるための施策・方法

認知度を向上させるための施策は、おもに以下の5つが考えられます。

  • 広告塔としてタレントを起用する
  • マスメディアを活用する
  • Web広告を活用する
  • オウンドメディアを活用する
  • イベントを実施する

広告塔としてタレントを起用する

知名度のあるタレントを広告塔として起用することで、認知度の向上につながります。有名タレントが商品やサービスを宣伝することで世間の注目が集まり、話題を呼ぶ可能性が考えられるためです。

起用したタレントのファンが購入してくれたり、SNSなどで拡散してくれたりする場合もあります。

企業のイメージに合ったタレントを起用することで、認知度の向上だけではなく企業のイメージアップにもつながるでしょう。

とはいえ、タレントを起用する際はどうしても多額のコストがかかってしまいます。コストが気になる場合は、タレントサブスクの利用も一つの手です。タレントサブスクはタレントの写真などの素材を月額制で使用できるサービスです。

Sketttを活用すれば、200名以上のタレントから選定可能で、素材数も200~400枚と豊富です。最短1ヶ月、最安20万円から利用できるため、コストを抑えタレントを起用できます。

タレントの選定から、効果検証まで一気通貫での支援が可能です。認知度向上にタレントを活用したい方は、ぜひ一度ご検討ください。

Sketttのサービス詳細はこちら

なお、タレントサブスクやタレントを広告に起用する効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。

マスメディアを活用する

マスメディアに広告を掲載する方法もあります。マスメディアとは、主にテレビ・ラジオ・新聞などの媒体です。

マスメディアでの発信は性別や年齢を問わず、不特定多数の人の目につきます。ターゲット層が幅広い商品やサービスをPRしたいときに、絶大な効果を得られるでしょう。

しかし、広告の掲載や制作にかかるコストが高いことが難点です。そのため、近年マスメディアでの広告掲載数は減少傾向にあります。

大きなプロジェクトでなければ、なかなか活用できない手法かもしれません。

Web広告を活用する

Web広告の利用も効果的です。Web広告にはさまざまな種類があります。テキストやイメージ画像・動画など、さまざまな方法でアプローチができます。

Web広告の主な媒体は以下のとおりです。

  • ディスプレイ広告
  • 動画広告
  • SNS広告
  • リスティング広告

インターネットを利用する人であれば、よく見かける広告でしょう。しかし、それぞれ掲載できるスペースや予算の兼ね合いで、発信できる情報量に制限があります。

SNS広告はInstagramやX(旧:Twitter)など基本的に無料ではじめられる手法です。SNSで情報が発信されると、さまざまな人にシェアされ瞬く間に拡散されることがあります。

そのため、認知度向上に適したツールの一つです。しかし、いわゆる「炎上」などによって、企業の信用を失ったりマイナスイメージがついてしまったりする可能性もあります。

SNS広告を活用する際は、慎重に行いましょう。

オウンドメディアを活用する

オウンドメディアの活用を視野に入れてもよいでしょう。オウンドメディアとは、自社が所有するWebサイトやブログのことです。

メリットは、発信したい情報量に制限が無いことです。しかし、オウンドメディアを開設するだけでは意味がありません。

ターゲット層に有益と思ってもらえる良質なコンテンツを、適切なチャネルで公開することが重要です。オウンドメディアの運用は、効果が出るまで時間を要するため根気強さが求められます。

イベントを実施する

イベントを実施するのも有効です。イベントといっても、大規模にする必要はありません。小規模なイベントやセミナーでも、認知度向上に効果的です。

イベントを実施することで、自社の商品やサービスを実際に手に取って見てもらえます。顧客のリアルな声も聞けるため、自社の強みや改善点に気づけたり、得られるヒントがあったりするでしょう。

イベントを実施する際も、目的やターゲット層を明確にすることが重要です。

認知度向上の施策における注意点

認知度を向上させる施策における注意点は以下の2つです。

  • 認知度を上げることだけにとらわれない
  • 奇をてらいすぎない

認知度を上げることだけにとらわれない

認知度を上げることだけにとらわれないように注意しましょう。

認知度を上げる目的は、「設定したターゲットに自社を選んでもらうこと」で、広く浅く知ってもらうことではありません。

「多額の予算をかけたのに肝心のターゲットにアプローチできなかった」「ターゲット以外に認知度が広がっただけで購買してくれる人が増えなかった」と失敗しないように注意してください。

奇をてらいすぎない

奇をてらいすぎないことも注意したい点です。たしかに、奇をてらったアプローチは話題をよび、インパクトを残せるでしょう。

しかし、奇をてらいすぎると「アプローチ方法」だけが顧客のイメージに残ってしまい、肝心の商品やサービスが霞んでしまいます

商品やサービスのイメージだけが、間違った方向に独り歩きする可能性があるため注意が必要です。

認知度向上の成功事例

認知度向上に成功した企業の事例を2つ紹介します。

  • Nike
  • Starbucks Coffee

Nike

まずは、Nike(ナイキ)の成功事例です。「Just Do it.」の有名なキャッチフレーズや、有名スポーツ選手との契約で人気スポーツブランドになりました。

Nikeが誕生したのは、1971年です。今ではイメージしにくいかもしれませんが、1970年代のスポーツシューズ市場は、他のスポーツブランドシューズが席巻していました。

そこでナイキは、当時無名だった伸びしろのある選手を広告塔として起用したのです。今となっては人気のシリーズ「エア・ジョーダン」の名前の由来となったバスケットボール選手「マイケル・ジョーダン」です。

その後の圧倒的なマーケティングにより、現在のあのブランド力へと成長させました。

Nikeは、次々とアスリート選手と契約することで、スポーツブランドとしての地位を確固たるものにしたのです。

今では多くの人が知る人気のスポーツブランドとなり、世界のスポーツブランド売上ランキング上位にランクインしています。

Starbucks Coffee

次に、Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー)の成功事例を紹介します。

スターバックスが成功した鍵は、他のコーヒーショップでは味わえない「店舗体験」を提供していることです。

「自分好みにカスタマイズできるコーヒー」「ホスピタリティ溢れる接客」「居心地のよい空間」を提供し、自社のことを「サードプレイス」と呼んでいます。

自宅でも仕事場でもない、第3の場所です。数多くのコーヒーショップがあるなかで、スターバックスを唯一無二の存在だと考える方も多いのではないでしょうか。

スターバックスは、テレビCMなどの大規模なマスメディア広告に頼らず、自社からの発信力に注視したマーケティング戦略をとっています。

具体的には、Instagram・X(旧Twitter)・FacebookなどのSNSの活用です。SNSでブランドの世界観や、話題性のある新商品について発信し、拡散などによって大きな宣伝効果を得ています

スターバックスのマーケティング戦略は、1996年日本に上陸以来、変わっていません。時代に沿ったさまざまなツールを使い、顧客と直接コミュニケーションを取ることを模索し続けています。

独自のマーケティング戦略で、スターバックスはコーヒーショップとして不動の位置を確立しました。

2023年に公開されたリサーチ会社のアンケート結果によると、スターバックスはコーヒーチェーンのなかで認知度・利用経験ともに1位を誇っています。

参照:モニタス「コーヒーチェーンに関する調査」を公開しました。

【まとめ】戦略を検討し認知度を向上させよう

認知度を向上させるためには、ターゲットを明確に絞る必要があります。そして、ターゲットにどのようにアプローチするのか戦略を立て実践しましょう。

積極的にアプローチしても、認知度向上の効果はすぐに得られるものではありません。目的を見失わず、継続的にアプローチすることが大切です。

認知度を向上させる戦略として、マスメディア・Web広告・オウンドメディアの活用・イベントの実施や広告塔としてタレントを起用することも有効です。

Sketttには、タレントの選定からクリエイティブ制作、効果の検証までサポート体制が整っています。最短1ヶ月から利用できるので、いきなりの長期契約をリスクに感じる方も利用しやすいです。

マーケティング・ブランディングを担当している方は、Sketttの活用をご検討してみてはいかがでしょうか。

Sketttのサービス詳細はこちら

X(旧Twitter)をフォローして
最新情報を受け取ろう

この記事をシェアする

サービス資料 ダウンロード

skettt talents無料

事務所提携数60以上、

交渉タレント数800名以上

必須
必須
必須
必須
必須

プライバシーポリシーに同意された方はダウンロードボタンを押してください。
上記で記入いただいたメールアドレスにダウンロード用URLが届きます。

無料