タレントを広告起用する効果は?費用やメリット・デメリットを解説
#活用する
2024.06.24

タレントを広告起用する効果は?費用やメリット・デメリットを解説

自社商品・サービスの宣伝効果を高めるためにも、タレントの広告起用を検討しているマーケティング担当の方も多いのではないでしょうか。

とくに知名度の高いタレントを起用すれば、消費者に大きなインパクトを与えられ、競合他社との差別化も可能です。しかし、タレントの出演料や制作費などのコストが心配ですよね。

そこで本記事では、タレントを広告に起用する際のメリット・デメリット、費用を詳しく解説します。

広告制作にあたっての注意点も併せて紹介するので、タレント起用を検討する上で参考にしてみてください。

コストを抑えてタレントを広告起用したいのであれば、タレントサブスクの利用も一つの手です。毎月数十万円の料金で、タレントの写真素材を広告に利用できます。

Sketttなら月20万円から、200名以上の提携タレントから写真素材をご利用いただけます

タレントの広告起用を検討しているが、コストが気になっている方はぜひSketttを一度チェックしてください。

Sketttのサービス詳細はこちら

タレントサブスクについては、こちらのページで解説しています。

【2024年3月更新】タレントサブスクおすすめ10選!メリット・デメリットや料金、選び方を解説

INDEX
  1. 広告にタレントを起用する効果・メリット6選
  2. 広告にタレントを起用するデメリット2選
  3. タレントの広告起用にかかる費用相場
  4. 広告にタレントを起用する注意点
  5. コストを抑えてタレントを広告起用するならタレントサブスク
  6. タレント広告起用のまとめ

広告にタレントを起用する効果・メリット6選

タレントを広告に起用するメリットには、主に以下の6つがあります。

  1. 自社商品・サービスの認知度が上がる
  2. 企業のイメージアップにつながる
  3. さまざまなメディアで掲載される可能性がある
  4. タレントのファン層に購入してもらえる確率が上がる
  5. 競合企業と差別化ができる
  6. 社員のモチベーションアップにつながる

1.自社商品・サービスの認知度が上がる

広告にタレントを起用すると、タレントの知名度に合わせて広告の注目度が高まり、商品の認知度向上につながります

町中の看板や映像配信サービスの動画広告、Web上のディスプレイ広告など、日常生活の中には広告があふれています。さまざまな広告が至る所にある中で、何の変哲もない写真やイラストを使って作成した広告が注目を集めるのは困難です。

消費者に十分なアピールができず、広告の内容をチェックしてもらえないまま宣伝が終わってしまうことも珍しくありません。

しかし、有名タレントを起用して広告を作成すれば、タレントによって消費者の興味を惹きつけられます。興味を持って広告を見てもらうことで、商品の名前や内容までチェックしてもらえる可能性も高まります。

さらに、「有名人が宣伝しているなら安心して使える商品だろう」と、商品に対する信頼度の向上も期待できるでしょう。

2.企業のイメージアップにつながる

好感度の高い有名タレントを起用した場合は、企業自体の印象も自然と良くなります

タレントは商品の広告塔になるだけではなく、その商品を販売している企業の顔としても消費者に認知されます。

したがって、タレント自体の好感度が高ければ、自然とそのタレントを起用している企業のイメージも良くなるのです。

とくに、クリーンで元気なイメージのあるタレントを起用すると、企業のイメージアップにつながりやすくなります。知名度の高さだけでなく、スキャンダルや悪い評判などがないかどうかも重視してタレントを選びましょう。

タレント・芸能人の起用によるブランディング効果は、こちらの記事でご紹介しています。

▼関連記事
芸能人起用でブランディングできる?事例と費用対効果の高い活用法を紹介

3.さまざまなメディアで掲載される可能性がある

タレントを起用した広告はファンにより拡散されやすく、さまざまなメディアを通じて消費者に見てもらえる可能性があります。

タレントが自身のSNSやブログで商品・サービスを紹介すれば、ファンが自分のSNSで共有する機会が増える可能性が高いです。

TwitterやTikTok、Instagramなどでファンにより拡散されれば、ネット上で大きな話題となります。テレビや雑誌で取り上げられるようになる可能性もあるでしょう。

結果的に、さまざまなメディアにより宣伝ができ、広告の効果を高められます。

4.タレントのファン層に購入してもらえる確率が上がる

タレントを広告に起用すると、そのタレントのファン層に商品を購入してもらえる確率を高められます

ファンは「〇〇さんが使っているなら私も使いたい」と、タレントがPRしている商品・サービスを購入しやすい傾向があります。たとえば、10代向けの化粧品を宣伝するなら、10代に人気のタレントを起用することで購入してもらいやすくなるでしょう。

自社商品・サービスのターゲット層とファン層をマッチさせることで、大きな広告効果を得られます。

5.競合企業と差別化ができる

タレントを広告に起用すると、競合他社との差別化をしやすくなります。

タレントを起用した広告には、そのタレントの知名度や影響力に応じて大きなインパクトや信頼度を持たせられます。

同じ業界の商材は差別化が重要ですが、使用用途が同じ商材はクリエイティブ面でもどうしても他社と似たようなものになりがちです。しかし、タレントを使って広告を展開することで、差を生み出せるのです。

消費者がタレントのファンである場合は、その商品を使う価値も大きくなり、他社には真似できないものとなります。

6.社員のモチベーションアップにつながる

タレントの起用は社員のモチベーションにもよい影響を与えます

魅力的なタレントが自社の商品に関わっているとなれば、社員の商品に対する思いや期待も大きくなるでしょう。結果、仕事に誇りをもつようになり、モチベーションの向上につなげられます。

取引先や知り合いから「タレントの〇〇さんが広告の会社ですよね」と言われれば、なおさら誇らしい気持ちになるはずです。日々の営業活動にもよい影響を与えられるでしょう。

広告にタレントを起用するデメリット2選

タレントを起用した広告のデメリットは以下の2つです。

  1. タレントの広告起用には多額の費用がかかる
  2. タレントが炎上すると商品・サービスのイメージダウンにつながる

タレントを起用した広告にはメリットが多いものの、デメリットも存在します。把握したうえで、自社商品・サービスにタレントを起用すべきか慎重に検討しましょう。

1.タレントの広告起用には多額の費用がかかる

タレントの広告起用には、他の素材を使用する場合に比べて多額の費用がかかります。多忙なタレントのスケジュールを押さえるためにも、高額な出演料が必要です。

タレントが有名であればあるほど費用が高くなり、予算の確保が課題となります

タレントを広告に起用する際の費用相場については、次章で詳しく解説するので参考にしてください。

2.タレントが炎上すると商品・サービスのイメージダウンにつながる

タレントに不適切な言動があった場合、商品・サービスや企業のイメージダウンにもつながるリスクがあります。とくに、SNSで炎上してしまうと多くの消費者にネガティブなイメージが広がってしまいます。

リスクを回避するには、起用前に素行の事前調査が大切です。また、契約条項の取り決めも行い、契約違反があった場合の違約金に関しても定めておきましょう。

もし起用タレントが炎上してしまった場合は、広告と商品・サービスの停止を速やかに行い、謝罪も必要です。企業の信頼に関係するので、真摯な対応を意識しましょう。

タレントの広告起用にかかる費用相場

ここでは、タレントの広告出演料や、広告制作に際して発生する付随費用の目安を解説します。予算を決める際に、参考にしてみてください。

タレントの広告起用にかかる費用

以下の表は、タレントの広告出演料の費用相場目安になります。タレントの知名度が高いほど費用も高くなります。

タレント

年間費用相場

大物タレント

約3,000万〜1億円

タレント

約1,000~3,000万円

グラビアアイドル

約300万~1,000万円

大御所タレントと新人タレントや雑誌モデルでは、出演料に大きな差があります。知名度や人気によっては、上記の相場以上の費用がかかることもあるでしょう。

タレントや芸能人をキャスティングする際の費用は、こちらの記事でも紹介しています。

▼関連記事
芸能人のキャスティングとは?費用相場やメリット・デメリットを解説

タレントが広告出演する媒体別の広告出稿料目安

以下の表は、タレントが広告出演する媒体別の費用相場目安になります。

媒体

費用相場

テレビ・CM出演

500万~1億円以上

イベント出演

数万~100万円以上

Web広告・雑誌

40万~300万円以上

費用は宣伝する媒体により、大きく異なるので注意が必要です。

近年は、インターネットやSNSの普及によりWeb広告の需要が高まっています。

商品・サービスや起用するタレント次第では、Web広告のみでも十分な宣伝効果が期待できそうです。

テレビCMの費用については、以下で詳しく解説しています。

▼関連記事
テレビCMの費用はいくらかかる?制作費の内訳と料金を解説

タレントの広告制作に必要な付随費用

タレントの広告起用には、出演料だけでなく、広告制作の際に発生する付随費用も考慮する必要があります。

具体的には、以下の費用を予算に含めて考えておきましょう。

付随費用

費用相場

交通費

約1万〜10万円

ケータリング費

約1万〜5万円

ヘアメイク費

約10万円

スタジオレンタル費

約10万~100万円

会場制作費

約10万〜30万円

スタイリスト費 

約20万〜(リースの場合)

カメラマン・制作

約50万〜

交通費やケータリング費用の支払いは、タレントだけでなくスタッフにも必要です。

上記の費用はあくまでも目安で、制作の規模によって料金は異なります。タレントの知名度が高いほど付随費用が高くなる傾向があり、上記よりも高い費用がかかる可能性もあります。

広告にタレントを起用する注意点

広告にタレントを起用する際の注意点は以下のとおりです。

  • タレント起用の目標を明確にする
  • 商品・サービスのイメージに合ったタレントを選定する
  • タレントの広告起用に必要なコストを把握しておく
  • 広告制作のスケジュールに余力をもたせる
  • 契約前にタレントの使用条件を確認する

タレントの選定や制作時の注意点を把握し、スムーズに広告を展開できるようにしましょう。

タレント起用の目標を明確にする

タレントの起用を決定する前に、広告の目標を明確にして具体的なプロモーション戦略を立てましょう

戦略の無いままタレントを起用しても的外れな広告となり、消費者に響かず失敗してしまう可能性があります。商品・サービスのターゲット層を細かく設定し、タレントの人気やファン層も考慮した上で起用するようにしましょう。

商品・サービスのイメージに合ったタレントを選定する

商品・サービスのイメージに合ったタレントを選びましょう。イメージと合致するタレントを起用すると、宣伝効果が高まります。

たとえば、20~30代女性向けの化粧品なら、働く女性向けの雑誌で人気の30代モデルがPRすれば購買欲を刺激できるでしょう。しかし、男性に人気がある10代のアイドルを起用した場合、あまり宣伝効果を期待できません。

または、自社の事業の顧客に近いタレントを起用する手もあります。

たとえば、あえて太っているタレントにジムの広告に出てもらい、実際にダイエットしてもらうといった方法です。すでに痩せているタレントを起用するのではなく、太ったタレントの変化をアピールすることで、よりリアリティのある広告の展開ができるでしょう。

ただし、タレントの個性が強すぎる場合は、商品・サービスの印象が薄くなってしまうので注意が必要です。タレントの個性を活かしつつ、消費者に商品・サービスの良さをしっかり伝えられるよう工夫しましょう。

タレントの広告起用に必要なコストを把握しておく

合計でかかる費用をしっかり見積もり、十分な予算を確保しておきましょう。

タレントの広告起用には、出演料だけでなく多様な付随費用も発生します。広告制作の規模やタレントの知名度、出演媒体により費用は変化するので、広告の内容に合わせた計算が必要です。

撮影が長引いて当初より費用がかかることもあるので、余裕を持った予算設計を行いましょう。

広告制作のスケジュールに余力をもたせる

タレントを起用する際は、余裕のある広告制作スケジュールを作成しましょう。通常、タレントを起用した広告の制作は最低でも1〜2ヶ月かかります。

とくに有名タレントは多忙のため、起用できても厳しいスケジュールの中での撮影となることがあります。

スケジュールの調整が難しい場合や、急ぎでタレントを起用したい場合は、タレントのサブスクサービスを検討するのも一つの手です。

既存の素材を使用するため、契約から利用開始までの工数が少なく、すぐに活用が可能です。

契約前にタレントの使用条件を確認する

タレントの広告起用を本格的に検討するのであれば、契約前にタレントの使用条件を確認しておきましょう。

タレントによっては自身のイメージ戦略などを理由に、特定の発言や広告の表現方法にNGを出している場合もあるからです。

企画時点で全体のイメージや発言などをざっくり検討したうえで、契約後にNGが出ないように事前にすり合わせをしておきましょう。

コストを抑えてタレントを広告起用するならタレントサブスク

コストを抑えてタレントを広告起用したいなら、タレントサブスクサービスを検討してみましょう。タレントサブスクは、月額料金を払うと有名芸能人などの肖像素材を利用できるサービスです。

安ければ月額20万円程度から利用でき、人気の高いタレントも、広告出演料の相場より安い費用で起用できることが多いです。

既存の素材を使うため、広告制作の際の付随費用を削減できるだけでなく、事務所との交渉や制作期間などの工数も圧倒的に少なくできます。

効率よく自社商品・サービスの広告にタレントを起用したいなら、ぜひ検討してみましょう。

ここからはタレントサブスクの代表的な2サービスをご紹介します。

  1. Skettt
  2. アクセルジャパン

1.Skettt

出典:Skettt

Skettt(スケット)は、有名タレントの肖像素材の提供が受けられるタレントサブスクのサービスです。250名以上の有名タレントの素材を豊富に用意しています。

また、7年以上大手企業のブランディング支援や、クリエイティブ制作を実施してきたノウハウをもとに運用面でのサポートもしてくれます。タレントの起用から広告運用、効果測定までを一気通貫で支援してくれるタレントサブスクサービスです。

費用はタレントやサービス内容によって異なりますが、最安で月額20万円、最短1ヶ月から利用できるため、タレントの広告起用が初めての企業にもおすすめです。

サービス名

Skettt

会社名

株式会社Wunderbar

所在地

東京都渋谷区渋谷三丁目7番2号 第3矢木ビル 9階

料金

月額:20万円~

Sketttのサービス詳細はこちら

2.アクセルジャパン

出典:アクセルジャパン

アクセルジャパンは、定額の月額料金を支払うことで有名タレントの肖像が使い放題になるサービスです。初期費用0円、月額35万円からタレントの写真・動画素材を使用できます。

経営者交流団体のパッションリーダーズとも提携しており、経営者同士で交流を深めたり、ノウハウを学べる場を提供しているのも特徴です。

サービス名

アクセルジャパン

会社名

株式会社ブランジスタエール

所在地

東京都渋谷区桜丘町20-4 ネクシィーズスクエアビル

料金

月額:35万円~

アクセルジャパン公式サイト

なお、おすすめのタレントサブスクについては、以下の記事でも紹介しています。

タレント広告起用のまとめ

広告にタレントを起用すると、自社商品・サービスの認知度向上や企業のイメージアップ、社員のモチベーション向上などのメリットを得られます。

一方で、多額のコストや炎上リスクといったデメリットもあり、予算の調整やタレントの調査が重要です。

タレントの広告起用にかかるコストを抑えたいと考えている方は、タレント素材のサブスクサービスを検討してみましょう。サービスにもよりますが、月額20万円程度で利用可能で、タレントの交通費やヘアメイク費などの付随費用もかかりません。

広告起用に際しての契約内容の打ち合わせや交渉もいらないので、スケジュールに余裕が無い場合にもおすすめです。

X(旧Twitter)をフォローして
最新情報を受け取ろう

この記事をシェアする

サービス資料 ダウンロード

skettt talents無料

事務所提携数80以上、

交渉タレント数1,000名以上

必須
必須
必須
必須
必須

プライバシーポリシーに同意された方はダウンロードボタンを押してください。
上記で記入いただいたメールアドレスにダウンロード用URLが届きます。

無料