イメージキャラクター契約とは?メリット・デメリットや費用相場を解説
#活用する
2024.04.10

イメージキャラクター契約とは?メリット・デメリットや費用相場を解説

「イメージキャラクター契約はどうやってするの?」

「イメージキャラクターとアンバサダーは何が違う?」

「イメージキャラクターを起用する際のコストはどれくらいかかる?」

このような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

イメージキャラクターは、企業の「広告塔」や「顔」となり、商品やサービスを促進する重要な役割を果たします

企業がタレントとイメージキャラクターを契約する手段はいくつかあります。スムーズに契約を進めるためにも、イメージキャラクター契約の知識を押さえておきましょう。

本記事では、イメージキャラクター契約をするメリット・デメリット、費用相場を解説します。

イメージキャラクターを起用して、企業の商品やサービスの促進を目指している方は、ぜひ参考にしてください。

コストを抑えてイメージキャラクター契約を実施したいなら、タレントサブスクの利用を検討してみましょう。タレントサブスクは毎月一定の料金を支払うことで、タレントの写真素材などを利用できるサービスです。

「Skettt(スケット)」であれば月20万円からで、タレント素材の利用が可能。200名以上の登録タレントから、自社にあったタレントの素材を広告やホームページに起用できます。

コストを抑えてイメージキャラクター契約をしたい方は、ぜひSketttをチェックしてみてください。

Sketttのサービス詳細はこちら

INDEX
  1. イメージキャラクター契約とは
  2. イメージキャラクターとアンバサダー・マスコットキャラクターの違い
  3. イメージキャラクター契約をするメリット
  4. イメージキャラクター契約をするデメリット
  5. イメージキャラクター契約にかかる費用の相場
  6. イメージキャラクター契約をする方法
  7. イメージキャラクター契約の費用を抑えたい場合はタレントサブスクがおすすめ
  8. イメージキャラクター契約の3つの注意点
  9. 【まとめ】イメージキャラクター契約は効率よく行おう

イメージキャラクター契約とは

イメージキャラクター契約とは、企業とイメージキャラクターとして選出されたタレントが結ぶ契約のことです。

イメージキャラクターの契約を結んだタレントは、企業の商品やサービスの「広告塔」となり、イメージづくりを促進します。

評判のよいタレントや、知名度の高いタレントをイメージキャラクターとして起用することで、企業のイメージの向上や成長につながります。

たとえば、日本和装ホールディングス株式会社は、イメージキャラクターとして俳優兼モデルの冨永愛さんを起用しました。2024年1月より、「着物の着付けの3回無料体験コース」のPRとして、テレビCMが全国で放映されています。

引用:日本和装「日本和装【公式】|【受講料無料】きもの着付け教室の日本和装装
Copyright© NIHONWASOU HOLDINGS, Inc. All Rights Reserved.

冨永さんは、トップモデルとして世界で活躍しており、社会貢献活動にも積極的に参加しています。自立した女性として、冨永さんに憧れている方も多いでしょう。

世間からのイメージもよく、抜群のスタイルを誇る冨永さんは、まさに適役といえるのではないでしょうか。冨永さんが素敵に着物を着こなすことで、世間の注目を集めることが予想されます。

なお、イメージキャラクター企業の広告塔、つまり「顔」となりますが、基本的に自発的な広報活動はしません。

イメージキャラクターとアンバサダー・マスコットキャラクターの違い

イメージキャラクターとアンバサダー・マスコットキャラクターは、似たようなイメージを持たれやすい役割ですが、実際には活動内容が異なります。

それぞれの違いは以下の通りです。

イメージキャラター

商品やブランドの

「広告塔」「顔」となる

商品やサービスをPRする自主性は求められない

アンバサダー

商品やブランドの

「宣伝大使」となる

商品やサービスをPRする自主性が求められる

マスコットキャラクター

平面デザインの

キャラクターや

3次元の立体キャラクター

企業のシンボルとなる

イメージキャラクターとアンバサダーは、「広告塔」という広い意味では似た役割を果たします。明確に違う点は、商品やサービスを自主的にPRするか否かです。

イメージキャラクターは、あくまで商品やサービスの「顔」で、イメージの範囲を超えません。広告や、テレビCMに起用されることが多いのがイメージキャラクターです。

一方で、アンバサダーは「大使」や「代理人」などの意味をもち、自発的なPR活動が求められます。「観光大使」をイメージするとわかりやすいでしょう。

なお、マスコットキャラクターは3次元のキャラクターで、企業の「シンボル」となります。企業の商品・サービスの広告や、イベントのPRなどで用いられることが一般的です。

なお、アンバサダーについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

イメージキャラクター契約をするメリット

イメージキャラクターを契約するメリットは、以下の4つです。

  • 企業や商品のイメージアップにつながる
  • 高いPR効果を期待できる
  • 「推しがPRしているから」と購入するファンがいる
  • 従業員のモチベーション向上につながる

企業や商品のイメージアップにつながる

タレントをイメージキャラクターにすると、世間は企業に対して好感を持ちやすくなります。評判のよいタレントや人気の高いタレントを起用すれば、企業のイメージも高くなるでしょう。

そのため、タレントのイメージや評判・信用度が、企業のイメージに直結するといっても過言ではありません。「起用するタレントによって振れ幅がある」ともいえるでしょう。

企業の売上やイメージアップの他、「タレントを起用できる企業」と世間から認知され、企業の信頼性にもつながるでしょう。

高いPR効果を期待できる

イメージキャラクターを起用することで、高いPR効果が期待できます。タレントは一般的に認知度の高い存在であるため、世間に与える影響力が大きいといえるでしょう。

タレントをイメージキャラクターに起用することで注目が集まり、報道やSNSでの口コミ・レビューも増えて、商品・サービスの認知が伸びます。

現代はSNSが普及し、テレビCMやWebCM・タクシー広告などの動画広告が世間の目を引きやすい時代です。イメージキャラクターの起用は、時代に沿ったマーケティングといっても過言ではありません。

また、広告制作においてイメージキャラクターを軸にできるため、広告デザインが作りやすいこともメリットです。タレントの魅力を活かして、キャッチーな広告を制作できます。

「推しがPRしているから」と購入するファンがいる

起用したタレントのファン層が「推しがPRしているから」と、企業の商品やサービスを認知し、購入してくれる可能性が考えられます。

近年は「推しがPRしているから知っている」「この人がPRするなら買う」という人が増えています。「誰が関わっているか」「誰から(誰の推薦で)買うか」を、購入の判断基準にする人が少なくないです。

そのため、イメージキャラクターとして起用したタレントのファン層が購入してくれる可能性が高いといえます。

従業員のモチベーション向上につながる

タレントをイメージキャラクターに起用することで、従業員のモチベーション向上につながります。

自社が、「人気タレントをイメージキャラクターに起用している」と想像してみてください。人気タレントが自分の仕事に関わっていることで、業務への意欲が高まるのではないでしょうか。

「自社で人気タレントをイメージキャラクターにしている」という、従業員の会社への信頼感や好感度が上がる効果も期待できます。

イメージキャラクター契約をするデメリット

イメージキャラクター契約をするデメリットは、以下の2つです。

  • 一定のコストがかかる
  • 不祥事のリスクがある

一定のコストがかかる

イメージキャラクターとしてタレントを起用する際には、決まったコストがかかります。「誰を起用するのか」「契約期間はどれくらいか」によってコストは変動します。

費用の相場はのちほど詳しく解説しますが、知名度や人気度が高ければ高いほど、コストは高くなるのが一般的です。

不祥事のリスクがある

イメージキャラクターに起用したタレントが不祥事を起こすと、企業のイメージダウンにつながるリスクがあります。また、起用したタレントの不適切な発言にも注意しなければいけません。

何かしらのトラブルがあった場合、問題を起こしてしまった本人と契約をしている企業も、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなるためです。

失った信用は簡単に取り戻せません。起用したタレントが世間から信用を失ってしまった場合、企業も長期的に売上を回復できないリスクが伴います。

企業のイメージダウンは売上に直結するので、タレントの人選は慎重におこないましょう。

イメージキャラクター契約にかかる費用の相場

イメージキャラクター契約にかかる費用の相場は、以下の通りです。

タレントのランク

年間費用

知名度のあるタレント

500万~1,500万円

一流の人気タレント

2,000万~1億円

このように、起用するタレントのランクにより、費用に大きな差が生まれます。

好感度があり人気のあるタレントは、PR効果や経済効果が大きいため、費用も高くなるといえるでしょう。上記の相場は年間費用ですが、契約期間に比例しコストも高くなります。

イメージキャラクター契約をする方法

タレントをイメージキャラクターとして契約する方法は、以下の2通りです。

  • 芸能事務所に依頼する
  • キャスティング会社に依頼する

芸能事務所に依頼する

イメージキャラクターの契約方法の1つに、芸能事務所へ直接依頼する方法があります。芸能事務所に直接依頼することのメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット

デメリット

・仲介手数料が発生しない

・依頼先の事務所を自由に選べる

・芸能事務所と直接交渉ができる

・手続きに手間や時間がかかる

・タレントの調査や業務をおこなうスタッフの人件費が発生する

・タレントと契約後サポート体制を整えなえればいけない

芸能事務所に直接依頼する場合、契約に関するノウハウを熟知していなければ、時間と労力がかかります。自由度は高いものの、知識が無ければ非効率になってしまうケースがほとんどです。

キャスティング会社に依頼する

イメージキャラクターを契約するもう一つの方法として、キャスティング会社に依頼する方法があります。キャスティング会社に依頼することのメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット

デメリット

・タレントを起用する一連の業務を任せられる

・タレント起用までの手間や時間を抑えられる

・過去の実績やデータベースなど幅広い知識がある

・仲介手数料が発生する

仲介手数料は発生しますが、キャスティング会社に業務を一任できるので、スムーズにイメージキャラクターを起用できます。

自社で選出する手間や人件費を考慮すると、コストパフォーマンスは高いといえるでしょう。

イメージキャラクター契約の費用を抑えたい場合はタレントサブスクがおすすめ

イメージキャラクターを契約するコストを抑えたい方は、タレントサブスクの利用を視野に入れてもよいでしょう。タレントサブスクとは、月額制でタレントの写真・動画素材を利用できるサービスです。

芸能事務所やキャスティング会社に依頼するよりも、費用や手間・時間を抑えてタレントの広告起用ができます。

タレントサブスクを利用するメリットは、以下の通りです。

  • 低コストでタレントを起用できる
  • 広告に利用できる素材があらかじめ用意されているため、スピーディーな対応が可能
  • キャッチコピーの考案や企画・制作などのサポート体制が充実しているサービスが多い

Sketttでは、200名以上のタレントの中から企業にマッチしたタレントを選べます。各タレントの素材数も200~400枚と、豊富に用意されているのが魅力です。

また、Sketttは最短で1ヶ月からの利用が可能となっています。いきなり長期間でタレントと契約するのが不安な方でも、リスクを抑えた起用が可能です。

Sketttのサービス詳細はこちら

なお、おすすめのタレントサブスクについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

イメージキャラクター契約の3つの注意点

イメージキャラクターを起用する際の注意点は、以下の3つです。

  • イメージとマッチするタレントを起用する
  • 競合他社とキャスティングがバッティングしないようにする
  • レギュレーションを遵守する

イメージとマッチするタレントを起用する

企業のイメージに合ったタレントを起用しましょう。企業の商品やサービスが、企業のイメージに直結するためです。

また、タレントとの契約期間が終了したあとも、起用したタレントのイメージは世間に残ります。

「契約中」だけではなく、「契約終了後」のことも念頭に置いておきましょう。

競合他社とキャスティングがバッティングしないようにする

競合他社と、イメージキャラクターのキャスティングがバッティングしないよう注意しなければいけません。キャスティングが被ってしまうと、企業のイメージがブレてしまうためです。

起用したいタレントと自社とのイメージが合っていても、競合他社ですでにイメージキャラクターとして活動しているタレントの起用は避けるよう心がけてください。

PR効果が薄れてしまう可能性も考えられるため、注意が必要です。

レギュレーションを遵守する

タレントを起用する際には、芸能事務所とのレギュレーションを守ることが重要です。

仮に、企業とのイメージが合っていたとしても、タレントには事務所が決めた「イメージ戦略」があります。

イメージキャラクターとしてタレントの起用を検討している場合は、そのタレントの「イメージを守ること」も忘れないようにしましょう。

【まとめ】イメージキャラクター契約は効率よく行おう

イメージキャラクターの契約には、3つの方法があります。

  • 芸能事務所と直接契約する
  • キャスティング会社に依頼する
  • タレントサブスクを利用する

企業とマッチしたタレントを選んでイメージを活かせれば、企業のイメージアップや高いPR効果を得られるでしょう。

また、イメージキャラクターを起用することで、SNS時代にマッチしたマーケットも展開できます。

一方で、起用したいタレントが競合他社とバッティングしてしまうと、十分なPR効果を得られません。イメージキャラクターを契約するときには、注意ポイントも忘れないようにしましょう。

タレントサブスクのなかでも、「Skettt(スケット)」は多くの有名人の肖像画像を月額20万円からの低コストで利用できるサービスです。イメージキャラクターにタレントの起用を検討している方は、ぜひ導入を検討してみてください。

Sketttのサービス詳細はこちら

IP業界のトレンド、
追えていますか?
メルマガ会員様に、
最新情報を定期配信 !
今すぐ
登録

プライバシーポリシーに同意された⽅は「メル
マガに登録」ボタンをクリックしてください。

X(旧Twitter)をフォローして
最新情報を受け取ろう

この記事をシェアする

サービス資料 ダウンロード

skettt talents無料

事務所提携数60以上、

交渉タレント数800名以上

必須
必須
必須
必須
必須

プライバシーポリシーに同意された方はダウンロードボタンを押してください。
上記で記入いただいたメールアドレスにダウンロード用URLが届きます。

無料