タレントに出演依頼する方法は?費用相場や依頼メールのポイントも解説
#活用する
2024.04.10

タレントに出演依頼する方法は?費用相場や依頼メールのポイントも解説

「タレント出演依頼の方法を知りたい」

「タレントに出演を依頼すると費用はどのくらいかかるのか」

プロモーションにタレントの起用を検討されている方は、上記のような疑問をお持ちではないでしょうか。プロモーションの目的に適したタレントに出演依頼すれば、より大きな宣伝効果が期待できるでしょう。

当記事では、タレント出演依頼の方法や費用相場、依頼メールの例文などについて解説しています。依頼するタレントの選び方や、依頼時の注意事項も紹介しているため、ご覧になることでタレントの依頼に関して一通り理解できます。

プロモーションにタレント起用をお考えの方はぜひご覧ください。

コストを抑えてタレントをプロモーションに起用したいなら、タレントサブスクを検討してはいかがでしょうか?毎月一定の料金で、タレントの写真素材を広告利用できます。

Sketttなら月20万円から、200名以上の提携タレントの写真素材をご利用いただけます

コストを抑えてタレントに依頼したい方はぜひSketttを一度チェックしてください。

Sketttのサービス詳細はこちら

タレントサブスクについては、こちらのページで解説しています。

【2024年3月更新】タレントサブスクおすすめ10選!メリット・デメリットや料金、選び方を解説

INDEX
  1. タレント出演依頼の方法は主に2通り
  2. タレント出演依頼にかかる費用の相場
  3. タレント出演依頼メールの例文
  4. タレント出演依頼時の注意事項
  5. 出演依頼するタレントの選び方
  6. タレントに出演依頼する効果
  7. 手間や費用を抑えるならタレントサブスクの利用がおすすめ
  8. 【まとめ】タレント依頼・起用は目的に適した方法を選ぼう

タレント出演依頼の方法は主に2通り

タレントに出演依頼する方法は、主に以下の2通りです。

  • 芸能事務所へ直接問い合わせる
  • キャスティング会社へ依頼する

それぞれの方法のメリットやデメリットを解説します。

芸能事務所へ直接問い合わせる

出演依頼の一つ目の方法は、依頼したいタレントが所属する芸能事務所へ直接問い合わせるやり方です。

芸能事務所のホームページには、問い合わせフォームが設置されている場合があります。フォームが設置されていれば、必要事項を入力していくだけなので、簡単に問い合わせできるでしょう。

芸能事務所へ直接問い合わせるメリットは、依頼する事務所を自由に選べることです。芸能事務所と直接交渉できるため、企業側の意見や要望を通しやすい場合があります。

キャスティング会社を通さないことから、中間コストを抑えられることも大きなメリットです。

デメリットは、タレントの選出や契約条件の交渉、手続きなどに手間がかかることが挙げられます。また、タレントの起用実績が無い企業の場合、芸能事務所に問い合わせてもすぐに返信が来るとは限りません。そのため、芸能事務所へ直接問い合わせる方法は、タレント依頼の経験がある企業向けと言えるでしょう。

なお、芸能事務所へ所属せずフリーで活動しているタレントには、SNSなどを通して直接依頼する方法があります。選択肢の一つとして覚えておくといいでしょう。

キャスティング会社へ依頼する

もう一つの方法は、キャスティング会社へ依頼することです。キャスティング会社では、タレントの選出や契約の交渉など、出演依頼に関する一連の業務を請け負ってくれます。

そのため、タレント起用に費やす手間や時間などが抑えられるでしょう。また、キャスティング会社のコネクション活用により、タレントの依頼経験が無い企業でも依頼がスムーズに進む可能性があります。

デメリットは、キャスティング会社を利用することで、手数料分のコストが発生する点です。

モデルのキャスティング会社については、こちらの記事で紹介しています。

▼関連記事
おすすめのモデルキャスティング会社15選!モデル事務所との違いや費用相場も解説

タレント出演依頼にかかる費用の相場

映画やドラマ、CMや広告などのメディアで、タレントをキャスティングする場合にかかる年間費用の相場は以下の通りです。

タレント

年間費用相場

大物タレント

約3,000万〜1億円

タレント

約1,000~3,000万円

グラビアアイドル

約300万~1,000万円

芸能人やタレントのキャスティングについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

タレント広告出演における媒体別の費用相場の目安は以下の通りです。

媒体

費用相場

テレビ・CM出演

500万~1億円以上

イベント出演

数万~100万円以上

Web広告・雑誌

40万~300万円以上

タレントの広告起用についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

一般的には、起用するタレントの知名度が高くなるに従い費用も高額になる傾向です。テレビやCMは、イベントよりも多くの消費者に宣伝できるため、費用は高額になります。

Web広告は、テレビやイベント出演を依頼するよりも、費用を抑えられることがメリットです。

タレント出演依頼メールの例文

タレント出演をメールで依頼する際は、簡潔に依頼内容を伝えることがポイントです。メールで依頼文を送付する場合には、内容に以下を含めるとよいでしょう。

  • 依頼の目的や内容
  • 企画の中での役割やタレントの立ち位置
  • 契約期間
  • 出演費用
  • イベントの日時や会場

また、メールの件名で依頼の種別が判断できるほうが、相手に伝わりやすくなります。例文は以下の通りです。

件名:【2023年11月22日】◯◯◯◯様トークイベント出演のご相談

株式会社◯◯◯◯◯ご担当者様

株式会社 ◯◯◯◯◯、広報部の■■と申します。

突然のご連絡、誠に恐縮でございます。

このたび、弊社主催のトークイベントを企画しております。つきましては、貴社所属タレント◯◯◯◯様のご出演をお願いしたく、ご連絡いたしました。

イベント概要:11月22日のいい夫婦の日にちなんだ、夫婦円満の秘訣、家事と仕事の両立術などをテーマに、トークショーを開催します。弊社ショッピングモールの集客を目的としています。

日程:2023年11月22日(開催時間15時〜17時)

会場:△△△△△△△△

稼働内容:家事と仕事を両立するコツや、夫婦円満の秘訣などについてご自身の体験を交えてお話いただきたく存じます。

出演料:100万円

ご多忙かとは存じますが、ご出演をご検討いただければ幸いです。

タレント出演依頼時の注意事項

タレントに、出演を依頼するときの注意事項は以下の通りです。

  • イメージにあったタレントを起用する
  • スケジュールには余裕を持ち早めに依頼する
  • 出演料以外の費用を把握する
  • キャスティングが競合他社と被らないようにする

イメージに合ったタレントを起用する

タレントに出演依頼するときにはブランドや商品、サービスにイメージが合ったタレントを起用することが大切です。起用するタレントのイメージは、ブランドや商品などのイメージに大きく影響します。

印象の強いプロモーションでは、プロモーション終了後にもブランドや商品にタレントのイメージが残るほどです。そのため、話題性や知名度も考慮したうえで起用するタレントのイメージが、ブランドや商品に合っているかを十分に検討しましょう。

ただし、あえてブランドイメージを変えるために、違ったイメージのタレントを起用する場合があります。

スケジュールには余裕を持ち早めに依頼する

タレントに依頼する際には、スケジュールに余裕を持ち早めに依頼しましょう。タレントの起用には数ヶ月単位の期間が必要です。

タレントのスケジュール次第では、プロモーションのタイミングを外してしまうおそれがあります。そのため、プロモーション企画の初期段階から、起用するタレントを検討した方がよいでしょう。

プロモーションで、すぐにタレントを起用したい場合にはタレントサブスクの選択肢があります。タレントサブスクは、有名人の宣伝素材を毎月定額で使用できるサービスです。

宣伝素材はあらかじめ用意されているため、契約後すぐにプロモーションに使用できます。

タレントサブスクについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

出演料以外の費用を把握する

プロモーションでは、タレントの出演料以外にかかる経費を把握しておくことが大切です。プロモーションの内容により、タレントの出演料以外にも以下の経費がかかることを把握しておきましょう。

  • スタジオレンタル費
  • ケータリング費
  • 交通費
  • 会場制作費
  • ヘアメイク費

大物タレントは、携わるスタッフも多くなることがあります。そのため、出演料以外の経費も高額になる場合があります。

事前に確認して、予算に組み込んでおくことが大切です。

キャスティングが競合他社と被らないようにする

競合他社と、キャスティングが被らないようにすることは重要です。競合他社と同じキャスティングは、他社商品とイメージが重なるため、宣伝効果が半減します。

さらに、競合と時期までも重なった場合では、どちらの商品の宣伝なのか消費者が混同してしまうことでしょう。

タレントのイメージは、キャスティングの重要な要素であるため、競合と被りやすいおそれがあります。そのため、キャスティングにおける時期や契約については、十分な注意が必要です。

出演依頼するタレントの選び方

出演依頼するタレントを、選出する際のポイントは以下の通りです。

  • 好感度や信頼性の高いタレント
  • 商品やサービスに関する専門知識が高いタレント
  • 話題性があり今注目されているタレント
  • 商品・サービスのターゲットに合うタレント

好感度や信頼性の高いタレント

出演依頼するタレントは、好感度や信頼性の高いタレントを選ぶことをおすすめします起用するタレントの好感度は、ブランドや商品・サービスなどのイメージアップに直結するからです。

たとえ知名度がある大物タレントでも、好感度が低ければ起用は避けた方がよいでしょう。

また、これまで好感度が高かったタレントが不祥事を起こして企業のイメージダウンに影響を及ぼす場合があります。そのため信頼性の高いタレントであることも大切です。

商品やサービスに関する専門知識が高いタレント

プロモーションする商品やサービスに関する知識が高いタレントを起用することは、宣伝に好影響をもたらします。起用するタレントが、商品やサービスに関する専門家であれば消費者の信頼を得やすいでしょう。

たとえば、アスリートがスポーツ用品を紹介する場合や料理研究家が調理器具を紹介する場合などです。タレントが、自身の経験や専門家としての意見を交えて伝えることで、宣伝に説得力が増します。

話題性があり今注目されているタレント

話題性があり、今注目されているタレントを選ぶことで高い宣伝効果が期待できます。タレントを起用する理由の一つは知名度の活用です。

注目度の高いタレントを起用できればそれだけでプロモーションへ大きく貢献することでしょう。

しかし、そのようなタレントは多忙なためすぐに起用することは難しい場合があります。そのような場合でも、タレントサブスクであればタレントのスケジュールに関係なく、すぐにプロモーション起用が可能です。

商品・サービスのターゲットに合うタレント

商品もしくはサービスのターゲットに合うタレントを起用することも重要です。ターゲットである商品の購買層とタレントの支持層が合っていない場合、宣伝力が弱くなるおそれがあります。

たとえば、20代女性向け商品に男性ファンを多く抱える50代男性タレントを起用しても使用感を伝えることは難しいでしょう。人気や話題性も重要ですが、あくまでも自社のターゲット層とマッチしたタレント選びが大切です。

タレントに出演依頼する効果

タレントに出演依頼する効果は以下の通りです。

  • 高い宣伝効果が期待できる
  • 企業の信頼性アップに貢献する
  • タレントのファン層が購入してくれる
  • メディアに取り上げられる場合がある

高い宣伝効果が期待できる

タレントをプロモーションに起用することで、高い宣伝効果が期待できます。タレントの知名度に応じて、プロモーションの話題性が高まることでしょう。

広告やCMへのタレント起用は、消費者の関心を強く引きつけます。

さらに、タレントのイメージが商品やサービスに反映されることで、商品やサービスの認知度向上につながります。

企業の信頼性アップに貢献する

タレントの起用は、企業の信頼性アップに貢献することでしょう。起用するタレントに備わるイメージや好感度は、企業の信頼性アップやイメージ作りに影響するからです。

たとえば、堅実なイメージのタレントを起用することで、企業の信頼性の向上を図れます。あるいは、明るいキャラクターのタレントを起用して堅苦しい企業イメージを払拭することも可能です。

タレントの起用は、宣伝以外にもこのようなイメージアップ効果が期待できます。

また、有名タレントを起用できるほどの安定した企業であるイメージを、消費者に与えられることもメリットです。安定した企業イメージは、信頼性へとつながることでしょう。

タレントのファン層が購入してくれる

タレントをプロモーションに起用することで、タレントのファン層が商品やサービスを購入してくれます。ファンの中には、「推しのタレントが紹介する商品なら買ってみたい」と考える人も多いでしょう。

そのためターゲット層に合わせたタレント起用が効果的です。また、商品を購入したファンによるSNS投稿の拡散効果により、さらに購買される可能性があります。

メディアに取り上げられる場合がある

プロモーションに話題性のあるタレントを起用することで、メディアに取り上げられる場合があります。テレビのワイドショーやWeb媒体の芸能ニュースなど、他のメディアで取り上げられることによる宣伝効果は大きいでしょう。

また、メディアで取り上げられれば、それに伴ってSNSで宣伝内容が拡散される可能性があります。タレントの言動は、話題になりやすくメディアに取り上げられることでプロモーションを超えた宣伝効果が期待できます。

手間や費用を抑えるならタレントサブスクの利用がおすすめ

ここまでタレントへの依頼やポイント、費用などを紹介してきました。契約期間の長さや手順の複雑さ、費用の高額さが気になってしまう方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、タレントサブスクの利用です。

タレントサブスクなら手間や費用を抑えてタレントを起用できます。宣伝素材を使用するため、起用する際タレントのスケジュールに影響されることはありません。

最短1ヶ月から、すぐにプロモーション起用が可能です。タレントサブスクは月額20万円程度から利用できます。

また、宣伝素材の提供だけでなく、タレント選定からクリエイティブの制作、効果測定まで企業ブランディングをサポートします。そのため、はじめてプロモーションにタレントを起用する場合にもおすすめです。

タレントサブスクの概要やおすすめサービスは、以下の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

【まとめ】タレント依頼・起用は目的に適した方法を選ぼう

タレントに出演依頼するには、芸能事務所へ直接問い合わせるか、キャスティング会社へ依頼する方法があります

タレントを起用することは、高い宣伝効果が期待でき商品や企業のイメージアップにも貢献するでしょう。好感度や信頼性の高いタレントを選ぶことが大切です。

タレントのキャスティング費用相場は、年間300万円〜1億円と大きな開きがあり一般に知名度に応じて費用がかかります。知名度の高いタレントは宣伝効果が高いものの多忙なためスケジュールが合わないおそれがあります。

そのような場合でも、タレントサブスクであればタレントのスケジュールに関係なく起用が可能です。Sketttでは、費用を抑えたタレント起用がすぐにはじめられます。

これからプロモーションにタレント起用を考えている企業様は、ぜひ導入をご検討ください。

X(旧Twitter)をフォローして
最新情報を受け取ろう

この記事をシェアする

サービス資料 ダウンロード

skettt talents無料

事務所提携数80以上、

交渉タレント数1,000名以上

必須
必須
必須
必須
必須

プライバシーポリシーに同意された方はダウンロードボタンを押してください。
上記で記入いただいたメールアドレスにダウンロード用URLが届きます。

無料