芸能人のキャスティングとは?費用相場やメリット・デメリットを解説
#活用する
2024.04.10

芸能人のキャスティングとは?費用相場やメリット・デメリットを解説

「自社商品・サービスのPRのために芸能人をキャスティングしたい」
「芸能人のキャスティングにはどれくらいの費用がかかるのだろうか」
「芸能人をキャスティングする上での注意点があれば知りたい」

このような悩みを抱えている、広報担当の方もいるのではないでしょうか。

芸能人をキャスティングできれば、自社商品・サービスの認知度がアップにつながります。また消費者から「タレントを使用している企業」として、安心感を持ってもらえるでしょう。

しかし、芸能人の知名度が上がるほど、キャスティングにかかる費用は高くなります。もしキャスティングによる宣伝効果が得られなかったら、企業にとって大きな損失になるでしょう。

そこで本記事では、芸能人のキャスティングについて以下の内容を解説します。

  • 芸能人のキャスティングとは
  • 芸能人をキャスティングするメリット・デメリット
  • 芸能人をキャスティングする上で注意したいポイント

キャスティングを検討している方にとっては必読の内容なので、ぜひ参考にしてください。

芸能人のキャスティングコストを抑えたいのであれば、タレントサブスクの利用も一つの手です。毎月定額を支払うことで、芸能人の写真素材をプロモーションに利用できます。

Sketttなら月20万円から、200名以上の提携タレントから写真素材をご利用いただけます

コストを抑えて芸能人のキャスティングを実施したい方はぜひSketttを一度チェックしてください。

Sketttのサービス詳細はこちら

タレントサブスクについては、こちらのページで解説しています。

【2024年3月更新】タレントサブスクおすすめ10選!メリット・デメリットや料金、選び方を解説

INDEX
  1. 芸能人のキャスティングとはどういう意味?
  2. 芸能人のキャスティングや仕事依頼の費用相場
  3. 芸能人をキャスティングするメリット4選
  4. 芸能人をキャスティングするデメリット2選
  5. 芸能人をキャスティングする上で注意したい4つのポイント
  6. コストを抑えて芸能人をキャスティングしたい方はタレントサブスクをチェック
  7. 芸能人キャスティングのまとめ

芸能人のキャスティングとはどういう意味?

キャスティングとは、映画やドラマ、CMや広告などのメディアで、芸能人を起用することです。企業が芸能人へ出演交渉するケースとして、自社商品・サービスの宣伝やイメージアップが挙げられます。

近年はSNSの普及により、商品紹介で企業案件を扱うなど、キャスティングの在り方が従来のものと変わってきています。現在では芸能人だけでなく、SNS上で影響力を持ったインフルエンサーもキャスティングの対象です。

芸能人をキャスティングする際には、自社の商品・サービスのイメージに近い芸能人を選定すると、より宣伝効果が高まります。

芸能人のキャスティングや仕事依頼の費用相場

ここでは以下の項目に分けて、芸能人のキャスティングにかかる価格の相場について解説します。

  • 芸能人知名度別の価格相場
  • 媒体別の価格相場

キャスティング費用の相場目安を見て、自社でどのぐらいの予算をかけられるのか検討しましょう。

芸能人知名度別の価格相場

芸能人知名度別の年間キャスティング価格相場目安は、以下のとおりです。

芸能人の知名度

年間価格相場

大物タレント

約3,000万〜1億円

タレント

約1,000~3,000万円

グラビアアイドル

約300万~1,000万円

表を見て分かるとおり、芸能人の知名度が上がるほど、費用が高くなりますまた上記の金額は広告の出演料だけの費用です。他にも以下のような費用がかかります。

  • スタジオレンタル費
  • ケータリング費
  • 交通費
  • 会場制作費
  • ヘアメイク費

上記の費用を加味した上での出演交渉が必要です。

媒体別の広告出稿料目安

媒体別の、広告出稿料目安は、以下のとおりです。

媒体

価格相場

テレビ・CM出演

500万円~1億円以上

イベント出演

数万円~100万円以上

Web広告・雑誌

40万円~300万円以上

どの媒体で芸能人に出演してもらうかで、費用が変わります。テレビCMなどは費用が高くなりますが、イベント出演は安くなる傾向があります

その理由は、費用の相場が広告で消費者に宣伝できる数に比例しているためです。

また近年は、インターネットやSNSの普及により、Web広告の需要が高まっています。どの企業もWeb広告に力を入れており、今後価格相場が上がることが予想されるでしょう。

キャスティング以外も含んだタレントの広告起用にかかる費用は、こちらの記事で紹介しています。

▼関連記事
タレントを広告起用する効果は?費用やメリット・デメリットを解説

また、CMの費用を詳しく知りたい方は、以下をご覧ください。

▼関連記事
テレビCMの費用はいくらかかる?制作費の内訳と料金を解説

芸能人をキャスティングするメリット4選

芸能人をキャスティングする4つのメリットは、以下の通りです。

  1. 自社商品・サービスの認知度アップにつながる
  2. 企業のブランディングにつながる
  3. 芸能人のファン層に購入してもらえる確率が上がる
  4. さまざまなメディアに取り上げられる可能性がある

どんなメリットがあるかを把握してから、キャスティングを検討しましょう。

1.自社商品・サービスの認知度アップにつながる

芸能人をキャスティングすれば、自社商品・サービスの認知度アップにつながります芸能人が何か行動を起こすだけで、ユーザーからの注目が集まりやすいです。

また芸能人がPRしているテレビCMや街中のポスターなどは、人の目をひきやすく消費者の目に止まる可能性が高まります。

さらに「あの芸能人が宣伝しているなら、安心できる」など、商品への信頼度も増す効果も期待できるでしょう。

2.企業のブランディングにつながる

キャスティングしたタレントは、企業の「広告塔」となります。「あのタレントが広告に起用されている企業」というイメージがつき、競合他社との差別化にもつながるでしょう。

たとえば、明るくクリーンなイメージのタレントをキャスティングすると、企業のイメージアップにもつながります。他社よりもイメージがいいだけで、商品・サービスを選んでいる消費者も少なくありません。

また消費者から「タレントを起用できる企業である」という、安心感を得ることにもつながります。タレントの起用は、企業のブランディングを強化するために有効な手段といえます。

芸能人のブランディング効果は、以下ページでより詳しくご紹介しています。

▼関連記事
芸能人起用でブランディングできる?事例と費用対効果の高い活用法を紹介

芸能人の起用以外のブランディングの方法は、こちらの記事でもご紹介しています。

▼関連記事
ブランディング方法の4ステップは?戦略や目的、成功事例も解説

3.芸能人のファン層に購入してもらえる確率が上がる

芸能人を広告塔として起用すると、そのファン層に購入してもらえる確率が上がります「自分の好きな芸能人が宣伝している商品なら買ってみたい」と、考えているユーザーは非常に多いです。

また商品を使用したファンがSNSなどで発信すると、一般ユーザーへの拡散が期待できます。拡散されれば、より多くの人に自社商品・サービスを知ってもらえるでしょう。

しかしファンが多い芸能人を選んでおけばいいわけではありません。キャスティングをする際の注意点については、後ほど詳しく解説します。

4.さまざまなメディアに取り上げられる可能性がある

話題性のある芸能人をキャスティングできれば、芸能情報番組やWeb媒体に取り上げられることがあります

メディアに取り上げられれば、PR効果が高まります。芸能情報番組で紹介された次の日に、商品の注文や予約が殺到したなどの話は珍しくありません。

企業の力だけではメディア露出が難しい場合も、芸能人の力を併せることで、メディア露出の可能性が高まります。

芸能人をキャスティングするデメリット2選

芸能人をキャスティングするデメリットは、おもに以下の2つです。

  1. 有名芸能人のキャスティング費用が高くなる
  2. 芸能人が炎上すると影響を受ける

芸能人のキャスティングは、メリットだけではありません。デメリットを理解した上で、キャスティングを検討しましょう。

1.有名芸能人のキャスティング費用は高くなる

知名度が高い芸能人を起用すると、必然的に費用は高くなります。たくさんの仕事を抱えている人気の芸能人は、あらゆるオファーに対応できません。出演料で打診するかどうか判断することもあります。

そのため、資金がある大企業でないとハイリスクです。「高い出演料だけ払って効果が得られなかった」という状況は、避けなければなりません。

「芸能人をキャスティングしたいけど、費用が高すぎる」とお困りの方は、タレントのサブスクサービスを検討してみましょう。タレントのサブスクサービスなら、月ごとに定額料金の支払いのみで芸能人の広告起用が可能です。

サービスによりますが、月10万円から程度でも利用できるのでコストが抑えられます。

2.芸能人が炎上すると影響を受ける

キャスティングした芸能人が不適切な言動をして炎上すると、商品・サービスのイメージダウンにつながるリスクがあります消費者からの信頼度が落ちて「あの人が紹介している商品はもう買わないでおこう」となるためです。

また企業への信頼が落ちる可能性もあります。一度炎上すると、信頼を取り戻すことは容易ではありません。

タレントが普段から不適切な言動をしていないか、またこの先しなさそうかどうかを事前に調査する必要があります。

芸能人をキャスティングする上で注意したい4つのポイント

芸能人をキャスティングする上で注意したいポイントは、おもに以下の4つです。

  • 商品・サービスPRの目標を明確にする
  • 商品・サービスのイメージにあった芸能人をキャスティングする
  • キャスティングまでには時間がかかる
  • 芸能人や関係者への配慮を大切にする

有名な芸能人をキャスティングするだけでは、効果的な宣伝には繋がりません。宣伝効果を最大化するために、必ず目を通しておきましょう。

商品・サービスPRの目標を明確にする

芸能人をキャスティングする上での目標が定まっていないと、高い宣伝効果を得られません。費用対効果が合うように、PR戦略を入念に考える必要があります。

たとえば、商品・サービスを購入してくれそうなターゲット層や、どの程度の宣伝効果を求めているかを明確にすることが重要です。

ターゲット層と求める宣伝効果を踏まえて、キャスティングする芸能人を検討しましょう。

商品・サービスのイメージに合った芸能人をキャスティングする

自社の商品・サービスのイメージに合った芸能人をキャスティングできると、宣伝効果が高くなるでしょう。

たとえば、グルメ好きの芸能人がお菓子をPRしていると「あの人が美味しいと言っているなら買ってみようかな」と感じてもらいやすいです。しかし食事制限をしているアスリートが、一般的に食べられているお菓子をPRしていると、違和感があります。

消費者に違和感を感じさせるキャスティングをしてしまうと、十分な宣伝効果が得られず失敗する可能性があります

どの商品をどの層に、どのようなイメージでPRしたいかをあらかじめ考えなければなりません。

また芸能人のイメージを逆手に取った手法もあります。笑顔が少ない芸能人を起用して、美味しそうに自社商品を食べている広告を作ったとします。すると「この人が笑顔で食べているなら本当においしいのかも」と、購入してもらえる確率が上がるでしょう。

キャスティングまでには時間がかかる

芸能人をキャスティングするには数ヶ月かかるため、計画性を持って早めに行動しなければなりません。キャスティングのタイミングがずれると、宣伝効果に影響する可能性があるので注意が必要です。

具体的には、新商品・サービスのリリースとキャスティングのタイミングを合わせるといいでしょう。新商品を制作している段階から、キャスティングする芸能人の候補を考えておかなければなりません。

もし芸能人を素早くキャスティングしたいのであれば、タレントサブスクの利用を検討してみましょう。既存の素材を使用するので、素早く広告などにタレントの素材を有効活用できますし、「タレントが急に出演できなくなった」などのトラブルもありません。

芸能人や関係者への配慮を大切にする

芸能人をキャスティングする際は、芸能人や関係者が気持ち良く仕事ができるように、細かい気配りが大切になります。芸能人をキャスティングする上で、芸能人以外にも多くの関係者が必要です

たとえば、以下の関係者を集める必要があります。

  • カメラマン
  • スタイリスト
  • 進行をする司会やエキストラ

配慮の具体例として、ケータリングの食事を準備したり、現場を華やかにするために装花を飾っておいたりなどが挙げられます。

芸能人や関係者への配慮は、今後の継続した付き合いにも影響するので意識して行いましょう。

コストを抑えて芸能人をキャスティングしたい方はタレントサブスクをチェック

一般的な方法で芸能人をキャスティングすると、費用が高くなってしまいます。大御所や有名なタレントであれば、3,000万円が相場の目安です。

契約もすぐに決まるわけではなく、数ヶ月かかることも珍しくありません。急ぎで商品やサービスを宣伝したい場合でも、契約が決まるまで待つ必要があります。

「キャスティングの費用を抑えたい」「すぐにでもタレントを起用したい」という方は、タレントサブスクの利用を検討しましょう。

タレントサブスクは、月額料金を払うと、有名芸能人などの肖像素材を利用できるサービスです。サービス内容にもよりますが、一番安くて月額20万円程度から使用できます。

またタレントサブスクを活用すれば、通常のキャスティングよりも起用までにかかる工数を減らせます。契約から利用開始までがスピーディなので、急ぎで自社商品・サービスをPRしたい場合にもおすすめです。

なお、タレントサブスクについては、以下の記事で詳しく解説しています。

芸能人キャスティングのまとめ

芸能人をキャスティングすると、高い宣伝効果が得られるなど、たくさんのメリットがありますしかし多額な費用がかかる場合が多いので、予算に合わせて慎重に戦略を立てることが重要です。

コスト面やキャスティングにかかるまでの時間が気になる方は、タレントのサブスクサービスを検討しましょう。

有名芸能人の肖像素材などを月額20万円から利用できて、タレント起用にかかる工数を減らせます。

芸能人のキャスティングを上手く活用して、自社商品・サービスの認知度アップを図ってください。

X(旧Twitter)をフォローして
最新情報を受け取ろう

この記事をシェアする

サービス資料 ダウンロード

skettt talents無料

事務所提携数80以上、

交渉タレント数1,000名以上

必須
必須
必須
必須
必須

プライバシーポリシーに同意された方はダウンロードボタンを押してください。
上記で記入いただいたメールアドレスにダウンロード用URLが届きます。

無料