CM契約期間の目安はどれくらい?短期・長期のメリットやデメリットを解説
#活用する
2024.02.08

CM契約期間の目安はどれくらい?短期・長期のメリットやデメリットを解説

「テレビCMにタレントを起用したいが契約期間はどれくらいなのか」

「CM契約期間におけるメリットやデメリットが知りたい」

タレントのCM起用を検討している方は、上記の疑問をお持ちではないでしょうか。タレントをCM起用する際には、プロモーションの目的に合わせて契約期間を検討することが重要です。

当記事では、タレントのCM起用においての契約期間の概要を解説しています。契約期間ごとのメリットやデメリットも解説しているので、CM契約期間について情報収集している方はぜひ参考にしてください。

「芸能人とCM契約を長期で結びたいが、費用が高く効果が見合うのか不安」とお悩みの方はタレントサブスク型のSketttをぜひご検討ください。

登録タレントの素材を提供するサブスクスタイルなので、最短1ヶ月からで効果検証の対応が可能です。また、月額15万円から利用できるため通常のキャスティングよりコストを抑えられます。

期間がネックで芸能人・タレント起用に進めない方はぜひ一度Sketttをチェックしてみてください。

Sketttのサービス詳細はこちら

INDEX
  1. CM契約期間はどれくらい?主な種類
  2. CM契約期間の短期・長期の目安
  3. CM契約期間を短期契約にするメリット
  4. CM契約期間を短期契約にするデメリット
  5. CM契約期間を長期契約にするメリット
  6. CM契約期間を長期契約にするデメリット
  7. CM契約期間の注意点
  8. Sketttは1ヶ月から芸能人・タレントをプロモーション起用できる
  9. 【まとめ】CM契約期間の目安や効果を踏まえて検討しよう

CM契約期間はどれくらい?主な種類

タレントCM起用の契約期間は主に以下の3通りです。

  • 1年(年契・年間契約)
  • 3ヶ月・6ヶ月(1クール・2クール)
  • 1週間以上(任意)

契約期間は、短期も長期もさまざまです。プロモーションの目的に合わせ契約期間を検討しましょう。

1年(年契・年間契約)

契約期間を1年とする場合、「年契」とも呼ばれます。タレントのCM契約期間としては一般的です。

テレビ番組は、3ヶ月単位での放送が多く、3ヶ月を1クールと呼びます。したがって1年契約の場合は、12ヶ月であるため期間は4クールです。

1年契約では、タイムCMとスポットCMどちらも利用できます。

タイムCMとは、スポンサーとして契約した特定の番組内でのみCMを放送するものです。そのため、契約した番組が放送されない日はCMも放送できません。

タイムCMで高い頻度の放送をしたい場合は、毎日放送される帯番組を契約することで、毎日もしくは複数の曜日を指定して放送可能です。

タイムCMは、1回のCM放送時間が30秒以上と比較的長尺となります。また、CMの前後で企業のロゴやアナウンスがながれるため、より強いアピールが可能です。

タイムCMは、契約した番組の視聴者層に合わせたターゲット設定をすることで高い宣伝効果が得られることでしょう。

一方、スポットCMであれば特定の番組指定はできないものの、時間帯を選択できます。

タイムCMとスポットCMそれぞれにメリットがあるため、プロモーションの目的に合わせて利用することが重要です。

3ヶ月・6ヶ月(1クール・2クール)

3ヶ月・6ヶ月(1クール・2クール)と比較的短めの契約をするケースがあります。

3ヶ月・6ヶ月のような短めの契約ではスポットCMを利用することが多いでしょう。スポットCMとは、CMを放送する時間帯や曜日で契約するもので、主に4種類あります。

スポットCMは、CMが放送される番組が限定されないことが、タイムCMと違うところです。また、1回のCM放送時間が15秒からと短めになります。

スポットCMの契約の種類は以下の通りです。

  • 全日型
  • ヨの字型
  • コの字型
  • 逆L字型

CMを流すタイムスケジュール表である「線引き」の形からそれぞれの種類が決まっています。具体的には、以下の画像のとおりです。

引用:テレビ朝日「テレビCMの「GRP」とは? その計算方法、「TRP」との違いをわかりやすく解説!

逆L字型やコの字型のように、多くの視聴数が期待できる時間帯や曜日にCM放送時間を絞ることもできます。ただしその分コストがかかる傾向です。

3ヶ月・6ヶ月のような短めの起用は、企業ブランディングなど長期的なプロモーションにはあまり向いていません。新商品の紹介やイベントの告知など、短期的な宣伝告知に向いています。

1週間以上(任意)

1週間以上(任意)の短期的な契約もできます。短期契約でのプロモーションの目的は、新商品紹介やイベント・キャンペーンの告知などです。

また、インフォマーシャルとしてタレントに1回のみテレビ出演してもらうケースがあります。インフォマーシャルとは、インフォメーションとコマーシャルを合わせたものです。

通常のCMは、15〜30秒程度の放送ですがインフォマーシャルでは15〜30分ほどの長尺となる場合があります。インフォマーシャルは、もともと商品の魅力を詳細に伝えるために通販番組などで多用されていました。

タレントを起用したインフォマーシャルでは、番組の中でタレントが商品やサービスを紹介します。そのため、情報提供とエンタメ性を同時に提供できることで売り込み感の無い、自然なアピールが可能です。

CM契約期間の短期・長期の目安

CM契約期間は、短期・長期と分けて考えられます。短期・長期の目安は以下の通りです。

  • 短期契約(数ヶ月〜数年)
  • 長期契約(数年以上)

CMの契約期間は、プロモーションの運用に大きく関わります。

短期契約(数ヶ月〜数年)

1つ目の目安は、短期契約(数ヶ月〜数年)です。短期契約は、商品やサービスの告知などに向いています。

スポットCMを使い、曜日や時間を指定し幅広い層へリーチすることで、短期間で効果的な宣伝告知が可能です。

また、契約期間の再契約や更新などが容易であることのメリットを活かし、柔軟性のあるプロモーションができるでしょう。

たとえばコカコーラでは、季節やイベントごとに短期CMを放送しています。

引用:Coca-Cola(Japan):「campaign

Copyright Coca-Cola(Japan)Company, Limited

短期契約でシーズンにあわせた柔軟な運用をすることで、2022年度には年間CM放送数:約21,000回を担保しています。

参照:M Data「2022年TV-CM会社ランキングを発表

長期契約(数年以上)

2つ目の目安は長期契約です。長期契約は、複数年の契約のこと。長期にわたってCM を放送することで起用したタレントが企業の顔となることでしょう。

東洋水産「マルちゃん、赤いきつねうどん」のCMに1978年から出演している武田鉄矢さんが例として挙げられます。

引用:マルちゃん 赤いきつね緑のたぬき「ヒストリー

COPYRIGHT TOYO SUISAN KAISHA, LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

ただし、タイムCMは特定の番組内でのみ放送されるため、CMの放送開始時期を番組の放送に合わせなければなりません。テレビ番組は、4月と10月に番組の切り替えが多く、プロモーション開始時期の検討が必要です。

CM契約期間を短期契約にするメリット

CM契約期間を短期契約にするメリットとデメリットを比較検討してプロモーションに効果的な運用をしましょう。メリットは以下のとおりです。

  • 市場の変化に柔軟に対応できる
  • リスクを抑えられる

市場の変化に柔軟に対応できる

短期間のCM契約では、市場の変化に柔軟に対応できることがメリットです。近年ではSNS の普及によりトレンドの移り変わりが早くなっています。

変化の早い市場ニーズに柔軟に対応することで、無駄の無いプロモーションが可能です。短期間のCM契約であれば、トレンドに合わせて起用するタレントやプロモーション内容を変更できます。

プロモーションの素早い方向転換ができるなど、積極的な対策が可能です。そのため短期的な契約にすることでプロモーションの自由度が高くなるでしょう。

また、キャンペーンやイベント告知などでは必然的にスポットCMでの短期契約となります。

リスクを抑えられる

短期契約のもう一つのメリットは、起用したタレントが不祥事を起こした場合も、受けるリスクを最小限に抑えられることです。

また、起用したタレントの好感度が徐々に下がることや、タレントイメージの方向性が変わる場合があります。その場合も短期的な契約であれば、リスクに柔軟に対応できることでしょう。

ただし、たとえ短期的であってもタレントの影響力は大きいため不祥事による一時的なイメージダウンは避けられません。そのため、短期的な契約であっても信頼性の高いタレントを起用することは重要です。

CM契約期間を短期契約にするデメリット

CM契約期間を短期契約にするデメリットは以下のとおりです。

  • ブランドイメージを安定させにくい
  • 価格・条件を交渉しにくい

それぞれ解説していきます。

ブランドイメージを安定させにくい

CM契約期間を短期契約にするデメリットの一つは、ブランドイメージを定着させにくいことです。

一般に企業ブランディングでは、長期的なアピールを続けることで消費者との信頼関係を築けます。そのため企業や商品、サービスなどにタレントのイメージを定着させるためには、一定の期間が必要です。

短期的な契約ではスポットCMを利用することが多くなります。スポットCMは、時間帯や曜日は指定できますが放送する番組は選べません。

そのため、ターゲットを外してしまうことで本来アピールしたい消費者にブランドイメージを伝えられないおそれがあります。

価格・条件を交渉しにくい

短期契約は、価格や条件を交渉しにくいこともデメリットです。短期契約ゆえに、価格交渉の余地が少なく、割引交渉等が難しい側面があります。

また、契約更新のたびに手続きや交渉が必要であるなど、時間や労力がかかることもデメリットです。

プロモーションの変更は長期契約に比べ素早い対応が可能です。ただし、上記のように施策をうつたびに契約など事務手続きの手間がかかることも考慮しておく必要があります。

なお、キー局で15秒のCMを出稿する場合、放映費と制作費を合わせて200万円前後からそれ以上の金額がかかります。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

placeholder
#活用する
2024.02.13
テレビCMの費用はいくらかかる?制作費の内訳と料金を解説

上記のように、タレントの起用に関して価格交渉、契約手続きに煩わしさを感じる場合には、タレントサブスクの選択肢があります。

手早くコストを抑えたタレント起用にはタレントサブスクもぜひご検討ください。

タレントサブスクについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

placeholder
#活用する
2024.02.01
【2024年最新】タレントサブスクおすすめ8選!メリット・デメリットや料金、選び方を解説

CM契約期間を長期契約にするメリット

CM契約期間を長期契約にするメリットは以下のとおりです。

  • 安定的な認知度の向上を図れる
  • 価格・条件を交渉しやすい
  • タレントと関係構築できることで今後の戦略に幅ができる

長期契約のメリットをふまえタレント起用を検討しましょう。

安定的な認知度の向上を図れる

長期契約で継続的にCM放送することで、ブランドや商品の認知度向上を長期的に図れます。CMの放送期間に応じて、起用したタレントのイメージが企業や商品に定着するためです。

タレントの人気が継続すれば、長年にわたり安定したプロモーションができるでしょう。

長期契約は、短期契約のような告知目的よりも企業のイメージアップなどのブランディングに向いています。また、契約中のタレントを起用することでキャンペーンやイベントなどの告知にも対応可能です。

なお、ブランディング方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

placeholder
#活用する
2024.01.26
ブランディング方法の4ステップは?戦略や目的、成功事例も解説

価格・条件を交渉しやすい

長期契約は、大口契約になるため価格や契約条件などの交渉がしやすいこともメリットです。

タレントに、実際にプロモーションする商品を使ってもらうなど、価格以外の交渉においても有利に働く場合があります。

タレントと関係構築できることで今後の戦略に幅ができる

長期契約により、タレントと関係構築できることで今後の戦略に幅ができることもメリットです。タレントと関係が構築できていれば、CM出演に限らず商品開発やさまざまなコラボなどにも協力してもらえる可能性があります。

たとえば、モンダミンの2023年のCMでは、1990年代と2023年の井森美幸さんが本人同士でコラボしています。

アース製薬は、1990年代から井森美幸さんをCMに起用しており、長年の関係があるからこそ実現したといえるコラボです。

タレントとの関係が構築できていれば、プロモーションも進めやすいでしょう。さらに、さまざまな協力が得られることで他社との差別化が図れます。

また、タレントの好意によりSNSで商品やブランドの発信をしてもらえる可能性もあります。

CM契約期間を長期契約にするデメリット

CM契約期間を長期契約にするデメリットは以下のとおりです。

  • 市場の変化に対応しにくい
  • 失敗時のリスクが高い

それぞれ解説します。

市場の変化に対応しにくい

長期的な契約を結ぶことのデメリットは、市場の変化に対応しにくい点です。急激な市場の変化にタレントのイメージが合わなくなった場合、対応が難しくなることがあります。

そのため、市場の動向を常に把握し、柔軟に契約を検討することでリスクを軽減できるでしょう。

失敗時のリスクが高い

失敗時のリスクが高いことも長期契約のデメリットです。起用したタレントが不祥事を起こしたりSNSなどで炎上した場合、企業のイメージダウンに直結しやすいでしょう。

そのため、万が一に備えた契約を結ぶとともに、SNSなどでアンチユーザーや起用したタレントの発言などに注意しておくことも大切です。

CM契約期間の注意点

CMの契約期間に注意しましょうCMの契約期間が終了すると、CM放送ができなくなるためです。テレビで放送できなくなるだけでなく、CMで使用した映像素材も使えなくなります。

CM放送や映像素材の利用契約期間を延長したい場合には、タレントとの契約期間を延長しなければなりません。ただし、CM契約は高額な費用がかかるため、費用対効果を検討することが大切です。

また、期間延長の契約前に競合のCMに出演が決まってしまう可能性もあるため、期間延長は早めに対策しましょう。

なお、芸能人のキャスティングについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

placeholder
#活用する
2024.02.02
芸能人のキャスティングとは?費用相場やメリット・デメリットを解説

Sketttは1ヶ月から芸能人・タレントをプロモーション起用できる

タレントのCM起用は、高い宣伝効果が見込まれますが高額な費用がかかります。また、人気タレントはスケジュールに空きが無いため起用が難しい傾向です。

さらに、出演の交渉や契約など思いの外手間がかかります。そのような場合、タレントサブスクを利用することで上記のリソースを解消可能です。

たとえば弊社が運営するSketttなら最短1ヶ月から利用できるため、まずは短期間でお試しいただけます。

200名以上在籍するタレントの素材は、それぞれ200〜400枚と豊富です。Sketttでは、タレントの選定からクリエイティブ制作、効果検証まで一気通貫してサポートします。

また、既存のタレント素材を使用するため、タレントのスケジュールに影響されません

月額15万円から利用でき、低コストでタレントを起用できます。Sketttは、これからプロモーションでタレント起用をお考えの企業様にもおすすめです。

Sketttのサービス詳細はこちら

なお、タレントサブスクについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

placeholder
#活用する
2024.02.01
【2024年最新】タレントサブスクおすすめ8選!メリット・デメリットや料金、選び方を解説

【まとめ】CM契約期間の目安や効果を踏まえて検討しよう

CM契約期間は、目的や用途に応じて通常1週間〜1年間で契約します。必要に応じて契約期間の延長が必要です。

数ヶ月〜数年の短期契約は、リスクが低く市場の変化に合わせられる一方で、ブランドの安定した認知度獲得に弱みがあります。

数年単位で契約する長期契約は、安定したブランディングが期待できますが、市場の変化に対応しにくいことがデメリットです。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、プロモーションの目的に合わせた契約期間を選びしましょう。

また、柔軟な契約期間の対応が可能なSketttの選択肢もあるため、あわせてぜひご検討ください。

Sketttのサービス詳細はこちら

X(旧Twitter)をフォローして
最新情報を受け取ろう

この記事をシェアする

サービス資料 ダウンロード

skettt talents無料

事務所提携数60以上、

交渉タレント数800名以上

必須
必須
必須
必須
必須

プライバシーポリシーに同意された方はダウンロードボタンを押してください。
上記で記入いただいたメールアドレスにダウンロード用URLが届きます。

無料